Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
職場の課題をグローバルな視点で考えるには
戦略的人材開発研究会の皆さん

 今年も、熱い夏になりましたね。しかし、6月末のサンディエゴも大変熱い雰囲気に包まれていました。何せ、約11,000名の世界の人材マネジメントのプロが一堂に集まり、熱い討論を行ったのですから。
 市場経済、企業環境が厳しい時だからこそ、それを乗り切るための方策をどのように構築し、実行するべきかを真剣に話しあったのです。
 日本の高齢化社会は、世界で一番進んでおり、今後もトップを独走する一方、起業、開業率は、世界で一番低いレベルだとささやかれています。今後は、先進国の米国でも、人口が増加し、中国、インド、その他の新興国からの追い上げが厳しく、SHRMへの参加者も急増しています。隣国の韓国からは、約200名程度の参加者があり、数名しか参加しない日本を圧倒する存在感を示していました。
 日本人の存在感の低下は、欧米の大学/大学院への留学生の数でも顕著です。アジアの諸国では、中国、インド、台湾、韓国からの留学生は増加している一方で、日本からの留学生は、近年、激減していて、ハーバード大学の学長が、訪日の際に、日本の鳩山元首相に、「一体どうなっているの?」と苦言を呈したとか! 日本企業は、長期的視点で、経営を考えると言われて来ましたが、今や欧米企業や新興国の企業では、大変熱心に人材の育成や効果的活用に取り組んでおり、もしかすると、すでに追い越されてるのではないかとの不安があります。
 米国企業では、2020年には、高度技能者1億2300万人必要になりますが、このうち約40%しか、雇用できそうにないとの話がある一方、約1億人の単純労働者は、職にありつけないのではとの雇用不安があります。このような雇用のミスマッチが、今後の大きな社会問題を引き起こす可能性を秘めています。
 一方、日本では、続く円高の影響で、製造拠点や、本社機能は、他の地域に移転する動きが見られ、更には、ユーロの暴落により、欧州での日本企業の競争力は、急速に低下し、この改善は、当面期待できないのではとの懸念があります。従い、日本での単純労働者の需要は、一層低下し、日本でも、雇用のミスマッチは、更に拡大することでしょう。これは、米国で予想される雇用不安と同様の問題が予想されているのです。
 6月の研究会では、不活性化社員の問題を取扱いましたが、これは欧米でも同様の状態があり、今後、更に拡大することが懸念されています。SHRM2010では、不活性化社員を職場で、如何に活性化する動きとして、エンゲージメントが注目され、組織横断的グローバル施策として、戦略的に取り組んでいる事例がたくさん発表されました。日本企業では、不活性社員は、職場が見放してしまい、外部に任せる方が良いと考える傾向がありますが、欧米企業では、今後の対策として、職場での抜本的対策を実施している点が大きく異なります。
 これらの改善策の事例を次回、8月21日(土)の研究会では、討議をしたいと考えております。現在は、世界のどんな企業でも大変厳しい状況にありますが、それをどのように改善して、効果を挙げているかを世界の事例で考えることにより、多くのヒントが得られることでしょう。
 日本の皆さんの抱える殆どの課題は、グローバルな世界でも生じているものです。同じ課題の長期的視点での戦略的な対策をグローバルな視野で考える機会を提供するのが、本研究会の本来の役割であると考えております。
 皆さんの参加をお待ちしております。

第24回戦略的人材開発・人材育成研究会 開催案内 
======================================================
開催日時:2010年8月21日(土)15:00−18:00 
共通テーマ:SHRM/ASTD2010からみた日本の人材マネジメントの課題

15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介 
15:30-16:20
SHRM2010/ASTD2010比較研究、どう使いわけるべきか?」報告者:日本人材マネジメント協会 JSHRM幹事  石川 洋
16:30-17:20
テーマ:「SHRM2010から見た日本の人材マネジメントの課題
報告者:Director, Learning & Recruiting/Human Resources/HRGA, QVC Japan Inc. 藤井 真理氏
17:10-18:00 ディスカッション タイム、次回の発表者に関して
18:20- 懇親会 (有志の方)

会 場: 株式会社インターワークス セミナールーム
会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F (1階は大東京信用組合様になります)
アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6分 
会場URL: http://www.inter-works.jp/company/headoffice.html

【入館に関してのご注意】※重要  
大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。
建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 

会費: JSHRM会員 1,000円 オブザーバー:2,000円  
参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、連絡下さい。  尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布されますので、ご注意ください。
*******************************************************************
日本人材マネジメント協会 幹事、戦略的人材開発研究会 代表世話人
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役          石 川 洋
電話:03-5858-6930 FAX: 03-5858-6931
http://www.smartvision.co.jp
*******************************************************************
posted by: hiroishikawa4 | 第24回戦略的人材開発研究会 | 20:39 | - | - | - | - |
SHRM2010/ASTD2010比較研究 
 6月19日の研究会には、過去最高の17名に参加頂き有難うございました。ハイパフォーマーのモチベーションから、ローパフォーマーのモチベーションに至るまで、日本でも効果的なモチベーションの必要性が高まってますが、その割には、企業のマネジャー意識は、いまひとつと言った所です。これからのマネジャーの実力は、自分でれる能力より、メンバーの評価の透明化、モチベーション力で評価することにしては如何でしょうか! これこそが、企業の競争力の源泉になりうるからです。
 さて、次回の研究会ですが、盆休み明けの8月21日(土)15:00からにしたいと思います。19日のセッションでは、モチベーション関連の報告が中心でしたが、次回は、SHRM2010及びASTD2010の2つの年次総会の様子を比較して、その使い分け法を考えてみたいと思います。其々の団体には、特徴があり、それを知っていると、どちらを見ることで、最適な活用法を知ることが出来るからです。一つを見ていれば、すべてが分かる時代ではないからこそ、色々な面で役立ち、実用的な情報でもなります。
 6月27日から30日まで、サンディエゴで開催のSHRM2010年次総会に参加予定の3名が其々の視点から、欧米の最新の人材マネジメント事情をみて感じたこと、今後は、日本の人材マネジメントはどうあるべきかを率直に話して頂きます。その中には、少なくとも下記のテーマが含まれます。

(1)新世代の若者とマネジャーのや、コミュニケーションが難しくなっている現代、社内でどのような改善策を進め、効果をどのように検証するべきなのか?(エンゲージメント新コンピテンシーの今後の動向)
(2)どの企業でも、自国内のビジネスでは限界があるので、グローバルビジネスを拡大せねば、生き残りが厳しい時代だが、インド、中国、タイ等新興国等の優秀な人材の活用法、維持法を考える(戦略的マネジメント、タレントマネジメントの普及状況)
(3)金銭的な報酬から、金銭以外の報酬への転換として注目されるトータル・リワードの最新動向
(4)内需に限界があるが、外需の開拓に踏み切れない日本の伝統的企業の今後の大きな課題(評価の透明化、説明責任、イテグリティの高め方、2020年のリーダーシップ他)

 以上に関して、興味をお持ちで、どうするべきかを課題を感じておられる方は、是非次回の研究会に参加し、グローバルは視野で、将来を考えてみませんか?
 インターネットの時代、ボーダーレスな時代に、日本的あいまい手法にこだわっていては、ビジネスは発展しません。視野を広めるために、是非、参加して、皆さんの議論に参加しましょう。
 
第24回戦略的人材開発・人材育成研究会 開催案内 
======================================================
開催日時:2010年8月21日(土)15:00−18:00 
共通テーマ:SHRM/ASTD2010からみた日本の人材マネジメントの課題

15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介 
15:30-16:20
SHRM2010/ASTD2010比較研究、どう使いわけるべきか?」
報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM 幹事、研究会世話人 石川 洋
16:30-17:20
テーマ:「SHRM2010から見た日本の人材マネジメントの課題
報告者:Director, Learning & Recruiting/Human Resources/HRGA, QVC Japan Inc. 藤井 真理氏
17:10-18:00 ディスカッション タイム、次回の発表者に関して
18:20- 懇親会 (有志の方)

会 場: 株式会社インターワークス セミナールーム
会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F (1階は大東京信用組合様になります)
アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6分 
会場URL: http://www.inter-works.jp/company/headoffice.html

【入館に関してのご注意】※重要  
大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。
建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 

会費: JSHRM会員 1,000円 オブザーバー:2,000円  
参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、連絡下さい。
 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布されますので、ご注意ください。
***************************************************************
日本人材マネジメント協会 幹事、戦略的人材開発研究会 代表世話人
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役          石 川 洋
電話:03-5858-6930 FAX: 03-5858-6931
URL: http://www.smartvision.co.jp
***************************************************************
posted by: hiroishikawa4 | 第24回戦略的人材開発研究会 | 20:19 | - | - | - | - |