Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第30回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 SHRM2011 第2弾、MBOからPMへの転換とは
JUGEMテーマ:ビジネス

戦略的人材マネジメント研究会の皆さん

 

 早くも秋めいたこの頃ですが、如何お過ごしでしょうか?

 先に報告しましたISO HR標準化の議論も徐々に進んでいて、11月10日には、ワシントンDCにて、第一回ISO/TC260委員会が開催されます。

 当初の8か国からだいぶ増えて、13か国の代表を集めて、開催する予定です。

今回正式参加国として、アジアからは、マレーシア、パキスタンからも参加するとのことなので、これらのアジア諸国においても、優秀なグローバル人材を集めて、職場 への定着を目指して、最新のHRM手法の導入準備が進んでいるようです。

 日本を始め18か国が、オブザーバーとしてTC260委員会に登録しています。

  一方、SHRM本部サイトから、パフォーマンスマネジメント関連のANSIからISOへの提案書が公開されました。これを入手し、検討しましたので、次回の

研究会では、現在、ISOで議論が進んでいるパフォーマンスマネジメントとは、

どんな内容なのかをご報告します。

 尚、「HRMの標準化は、何故必要なの?」「欧米企業の人材マネジメント手法を押し付けではないの?」他、色々な誤解と不安がありますので、この辺の解説を

WEB上にて、解説しましたので、ご参考までご覧下さい。

 

 ISO HR標準とは? http://www.smartvision.co.jp/iso.html

 

 ISOのHR認定は、企業イメージを高め、安心して、グローバル・ビジネスを

進めるため、沢山の優秀なグローバル人材にも魅力的なグローバル企業となるため、イメージアップに貢献し、沢山のグローバル人材が応募し、職場に定着することを 目指しています。今ではグローバル・ビジネスの成功を応援する仕組みづくりであり、一定レベルの企業に、国際的HR認証機関が認証するサービスです。

 この国際的な人材マネジメントの取組みを積極的に活用することで、グローバル企業として、イメージアップにつながり、通常のマスコミによる宣伝広告活動より、はる かに費用対効果が高くなると言えます。ISOのHR標準化では、ガイドラインに沿ったプロセスを行っているだけでなく、一定レベルの効果性を検証するプロセスも評価 されますので、会社の信用力の向上にもつながります。

 

 また、SHRM2011に参加されたフランクリン・コビージャパンの今野氏からは、「タレントマネジメントとリーダーシップ」と題して、報告を頂きます。

 タレントマネジメントは、基本的なパフォーマンスマネジメントの延長線上にあると言われ、最新のAACSB/SHRMの最新HRM課程では、パフォーマンス・ マネジメント同様に必須課目に認定されました。欧米の有名大学・ビジネススクールからこれから卒業する留学生は、これらのHRM手法がキチンと導入されているかを 検証する習慣づけがされています。

 日本の先進企業、これから海外進出を予定されている企業でも、この辺を理解した上で、優秀なグローバル人材の対応を今後は、もっと真剣にグローバル人材に適した 人材マネジメント手法を考える時だと言えましょう。

 今後の日本企業でのHRMの目指すべき道を考える上で、大変重要な役立つ最新

情報を提供しながら、皆さんからの活発な意見を期待しております。

 多くの方の参加をお待ちしております。

 前回同様、多くの方の参加が予定されています。

 参加申し込みは、出来るだけ早めにお願いします。

 

第30回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2011から考える、第2弾

ISO HRM標準化と日本のHRMの目指すべき道

========================================================================

開催日時:2011年12月3日(土)15:00−18:00 

 

15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介 

15:30-16:20

 「MBOからパフォーマンスマネジメントへ」

 ーISO HRM標準化と日本のHRMの目指すべき道ー

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM幹事、研究会世話人 石川 洋

16:30-17:20

 「SHRM2011が日本企業を活性化する『タレント・マネジメントと

   リーダーシップ』

 報告者:報告者:フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社  今野 和彦氏

17:20-18:00   ディスカッション タイム

        次回の発表者に関して

18:20-        懇親会 (有志の方)

 

    :  株式会社インターワークス セミナールーム

会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F

                (1階は大東京信用組合様になります)

アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6分 

会場URL: http://www.inter-works.jp/company/headoffice.html

 
=========================================================================

【入館に関してのご注意】※重要  

大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。

建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 

 

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円  

参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、

連絡下さい。

 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され

ますので、ご注意ください。

posted by: hiroishikawa4 | 第30回戦略的人材マネジメント研究会 | 18:50 | - | - | - | - |
第30回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2011から考える、第2弾
JUGEMテーマ:ビジネス戦略的人材マネジメント研究会の皆さん

 9月17日は、お陰さまで、過去最大の20名が参加し、大変活発な議論が行われました。懇親会にも、9名参加され、遅くまで、議論が続きました。
 特に、ISO HRM 標準化の動きや、新HRMガイドラインの改訂は、日本のHRMの流れにも大きなインパクトを与えるものと言えます。
 何せ、新HRMガイドラインに基づいたカリキュラムでは、パフォーマンスマネジメントタレントマネジメントが、必須科目になりましたので、これからは、この2つは、あって当然の取り組みになります。従い、これを未だに導入してない企業は、古い体質も企業だと思われることになり、優秀人材の採用でも不利となることは、免れませ
ん。
 従い、グローバルビジネスを展開する新興国の先進企業でさえ、最優先経営課題として、早期導入に力を入れているのです。
 
 尚、発表資料を下記のサイトから無料ダウンロードできますので、ご覧ください。
  
さて、次回ですが、日立総合経営研修所の北川氏が、今年中は、大変多忙のため、参加が難しいとのことなので、フランクリン・コヴィー・ジャパンの今野 和彦氏から
 「SHRM2011が日本企業を活性化するタレントマネジメントとリーダーシップ」との演題にて、報告頂くことになりました。

 私からは、「これからのパフォーマンス・マネジメントと日本のHRMの目指すべき道」と題して、なぜ、世界のHRMは、MBO(目標管理制度)から、パフォーマンスマネジメントに転換しようとしているのか、その背景には、どのようなものがあるのかを探ってみたいと思います。
 この背景を知ることで、なぜ、ISO HRM 標準化が進んでいるのかも徐々に見える様になりましょう。
 日本では、バブル崩壊後、1990年代には、成果主義、或は目標管理制度が、急速に導入されましたが、この導入は、決して、スムースに進んだ訳ではありません。
 多くの企業では、行き過ぎた結果主義の導入により、大きな弊害が生じました。これを早めに是正して、よりスムースにタレントマネジメントを導入するためにも、グローバルカンパニーとして、優秀な人材にも魅力的な企業と思われるためにも、重要なステップになることでしょう。
 現在の人事考課で良いのかの疑問をお持ちの方、また、人事考課を再検討中の人事総務の方は、是非、参加をお待ちしております。
 多くの方の参加を期待しています。

第30回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2011から考える、第2弾これからのパフォーマンス・マネジメントからタレントマネジメントとは?
========================================================================
開催日時:2011年12月3日(土)15:00−18:00 

15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介 
15:30-16:20
これからのパフォーマンス・マネジメントと日本のHRMの目指すべき道」
  報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM幹事、研究会世話人 石川 洋

16:30-17:20
SHRM2011が日本企業を活性化する『タレント・マネジメントとリーダーシップ』
  報告者:報告者:フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社  今野 和彦氏

17:20-18:00   ディスカッション タイム
      次回の発表者に関して
18:20-        懇親会 (有志の方)

会    場:  株式会社インターワークス セミナールーム
会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F
                (1階は大東京信用組合様になります)
アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6分 

【入館に関してのご注意】※重要  
大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。
建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円  
参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、
連絡下さい。
 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布されますので、ご注意ください。

posted by: hiroishikawa4 | 第30回戦略的人材マネジメント研究会 | 17:47 | - | - | - | - |