Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第33回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 HR SUMMIT 2012報告会、最新ISO HR標準化動向とSHRM2012の見どころ
JUGEMテーマ:ビジネス

戦略的人材マネジメント研究会の皆さん

 

 今年になって、台北、シンガポールとアジアで急速に発展している地域に行って、感じたのは、その熱気は、欧米や日本とは全く違う域に達していると言う点です。

 沈滞気味の欧米の経済ばかりに気を取られていると、信じられない話ですが。

 今では、台湾企業や韓国企業が、日本のIT企業や電子関連企業に大きな影響を与え、日本の半導体産業は、風前の灯です。

 また、薄型TVやスマートフォンでも、サムスン、LGの躍進で、日本企業は、圧倒的な劣勢にあります。

 シャープの筆頭株主に台湾のフォックスコンがなったのですから、これも驚き

そのものです。

 アナログの時代と違い、デジタルの時代には、技術の差は、接近しますので、市場の動向により、あっと言う間に、形勢が逆転します。それが現実の形となったのです。

 厳しい決算の大手IT企業や家電メーカーは、窮余の策として、何万人単位で、人員整理をしています。この様な状況から判断すると、日本の大手企業と言えど、時代が 必要としない人財をいつまでも抱えていることは出来ない時代になったのです。

 大企業に就職さえ出来れば、一生生計には、心配はないと言う時代ではもはやないとも言えます。

 もし、これらの大手企業が、将来必要になる人財の戦力計画を早めに策定し、

社員の意識改革を進め、戦略的にタレント開発を推進していれば、このような危機的な状態にはならなったはずです。

 しかし、それがきちんとなされてなかったために、今回のような事態になったとも言えます。

 結果的には、日本のやる気のある人財は、元気な勝ち組、韓国企業、中国企業、

インド企業等で職を探さざるを得ない状況に追い込まれているのです。

 現在、インドのIT先進企業、シンガポールの先進企業、Huaweiのような中国の

通信大手のグローバル企業までも、インドやロシアへの進出を機会に、タレントマネジメントを積極的に導入し、将来を見据えたタレント開発に力を入れています。

 シンガポールの労働省では、Human Capital Managementに力を入れて、中小企業

まで、全面的な支援をする方針を打ち出しています。交通局のような、公的機関での古いトップダウンの組織体質をPeople Centric に転換する運動も進めています。

 今回、シンガポールのHR SUMMIT 2012で聞いた多くのアジア企業で、タレント

開発にどれだけ力を入れているのかを中心に、今後、アジア進出を予定されている

企業、現地のグローバルリーダー/マネジャーの育成や定着に本格的に力を入れたいと考えている企業に、大変役立つ情報を21日(木)の研究会で報告させて頂きます。

 

 また、既にISO HR標準ガイドラインの概要が発表されていますPerformance

Management, Cost Per Hire, Investor Metricsの最新情報を解説します。

 これらのガイドラインは、今回正式参加している世界13か国でビジネスをする場合、今後要求されることになるものであり、うちの会社には、関係ないと考えると大き な勘違いと言えましょう。

 特に、海外の金融市場から資金調達をする場合、今後、投資家から、要求される

可能性の高まる人財関連情報の詳細の計算の仕方、準備の仕方が含まれています。

 SHRM2012に参加されない方でも、この辺の概要を知っているのと知らないでは、

今後の準備の心構えが違ってきます。要求されたらすぐに出せるものでもないので、時間をかけて、体質改善し、オープンな職場になっていることを示せるかどうかが、 優秀人財を巻き込み、定着させられるかどうかの要になりましょう。

 今後、企業の魅力アップ、企業ブランディングを考える際の重要な視点にもなり

ます。

  SHRM2012の発表資料が開催直前にダウンロードできる様になりますので、今回の事前勉強は、直前の21日(木)に開催させて頂く予定です。

 この点のご理解と、積極的な参加をお待ちしております。

  今年、SHRM2012アタランタ大会に参加を予定しておられる方、参加の可否の連絡、折り返し、お願いします。お知り合いで、興味をお持ちの方おりましたら、是非、知らせてあげて下さい。 

 第33回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:

HR SUMMIT 2012シンガポール大会報告、最新ISO HR標準化動向とSHRM2012の見所

========================================================================

開催日時:2012年6月21日(木)19:00−22:00 

 

19:00-19:30  初参加の方のみ、自己紹介

19:30-20:30 HR SUMMIT 2012 シンガポール 視察報告」

   −アジアは、人材マネジメントの強化にこれほどホットなのかー

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員、世話人 石川 洋

20:40-21:30SHRM2012 conference アトランタ大会 事前勉強会」

   ーISO HR標準化の最新動向とSHRM2012の見所ー

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員、世話人 石川 洋

21:30-22:00   ディスカッション タイム

        次回の発表者に関して

その後、SHRM2012参加予定者を含めた懇親会もご希望により行います。

 

    :  株式会社インターワークス セミナールーム

会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F

                (1階は大東京信用組合があります)

アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6

会場URL: http://www.inter-works.jp/company/headoffice.html

【入館に関してのご注意】※重要

大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。

建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 

 

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000

参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、

連絡下さい。

 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され

ますので、ご注意ください。

****************************************************************

日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

国際メンタリング&コーチングセンター 代表

株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

Kenkyukai site http://workshop.lpfrontline.com , http://www.smartvision.co.jp

***************************************************************



 
posted by: hiroishikawa4 | 第33回戦略的人材マネジメント研究会 | 12:00 | - | - | - | - |
第33回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 HR SUMMIT 2012報告会、最新ISO HR標準化動向とSHRM2012の見どころ
JUGEMテーマ:ビジネス

  戦略的人材マネジメント研究会の皆さん  


  皆さん、早くも、6月ですね。5月8−9日には、HR SUMMIT 2012 シンガポール

に参加しました。

 あの有名なマリナサンズにあるコンファレンスセンターで開催され、約4000名の

方が、大変熱心に参加しました。

 アジアでこれだけのHRコンファレンスが開かれ、多くの女性のHRマネジャー及びマネジャー候補が沢山参加してました。非常に熱気がありましたね。

 話者は、話慣れしているその道のプロが殆どで、安心して、聞けました。

 6月に日本で開催のHR SUMMIT では、一般参加者は、基本無料ですが、話者から、参加費とスポンサー料金をとりますので、その分、話者の宣伝色が濃くなります。

 一方、本場のHR SUMMITでは、一般参加者から高い参加費をキチンと取りますので、宣伝色は全くなく、主催者側の要望にそった、濃い内容になっているのが特徴です。 それだけ、遠くから参加する人も結構います。

 カナダや米国からこのためにわざわざ来た人がいるのですから、驚きです。

  

シンガポールの地下鉄は、安くて、便利ですね。チャンギ空港まで、何と2ドル

150円)で、行きますのですからね。運転手のいない自動車両が基本で、5程度で行けるので、日本と余り変わらないと言えます。

 丁度、品川から羽田空港に行くとの余り変わらないですね。

 次回の研究会では、まず、アジアのHR SUMMITで話題になっているホットなテーマを報告させて頂きます。シンガポールでは、本当にHRM関連の国際会議が結構頻繁に開催されます。シンガポール労働省が後援しているものが多々あり、活力ある会社をシンガポールに誘致したいのでしょう。

 また、SHRM2012アトランタ大会を前に、既に、ISO HR標準のガイドライン

或いは、一般公示がつぎつぎと発表されました。

 詳細は、http://www.shrm.org/hrstandards/Pages/default.aspx をご覧下さい。

 

 (1)Workforce planning, (2)Cost per hire(final),(3) Workplace performance  Prevention & Intervention(final), (4)Investor Metrics(Public review),

(5) Performance Management(2nd Public review)

 

  次回の勉強会では、この中から、Workforce planning, Cost per hire, Performance Managementの要点及び、SHRM2012アタランタ大会での関連発表に関して、学びたいと考えております。

 今後、ISOHR標準として、規定される内容ですので、今後、何が注目され、情報

 の提示を要求されるのかを早めに知ることで、早めの対策をとることができます。

 ANSIの準備委員会の参加者数は、急速に増加しており、その関心度は、急速に増加しているようです。

 そんなこと決まる訳がないと思い込んでいる人ほど、その進展ぶりに、後で驚く

ことになります。後で、知って、右往左往するより、最初から、周到に準備する

ことで、グローバルカンパニーとしての対応も早めに出来るというものです。

 今後も、グローバルビジネスに力を入れたいのであれば、尚更のこと、この辺の万全の対策が不可欠です。

 皆さんは、早めに準備しますか、後からあわててやって、欧米の優秀な人財から、遅れている会社だと思われ、恥をかいても良いでしょうか?

 今月末のSHRM2012アトランタへの参加予定者、或いは、早めにISO対策の準備を

しておくべきだと考えている方は、621日の研究会に是非参加ください。

 これらは、欧米のビジネススクールの最新カリキュラムの中に、そのまま導入され、今後のSHRM関連の各種のイベントでも、その概要がその都度発表されることになります。多くの方の参加をお待ちしております。

 尚、今年は、SHRM2012参加希望者は、JMAがまとめて募集中ですので、下記を

 ご覧下さい。

 http://www.jshrm.org/wp-content/uploads/SHRM-2012-Annual-Conference_0418).pdf

 今年は、JSHRMJMAの共同プログラムとするのが、JSHRM執行部の方針とのこと

です。

 来年度以降の方針に関しては、皆さんからのご意見を直接、JMA或いは、JSHRM

事務局にお寄せ下さい。

 

第33回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:

HR SUMMIT 2012シンガポール大会報告、最新ISO HR標準化動向とSHRM2012の見所

========================================================================

開催日時:2012年6月21日(木)19:00−22:00 

 

19:00-19:30  初参加の方のみ、自己紹介

19:30-20:30 HR SUMMIT 2012 シンガポール 視察報告」

   −アジアは、人材マネジメントの強化にこれほどホットなのかー

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員、世話人 石川 洋

20:40-21:30SHRM2012 conference アトランタ大会 事前勉強会」

   ーISO HR標準化の最新動向とSHRM2012の見所ー

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員、世話人 石川 洋

21:30-22:00   ディスカッション タイム

        次回の発表者に関して

その後、SHRM2012参加予定者を含めた懇親会もご希望により行います。

 

    :  株式会社インターワークス セミナールーム

会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F

                (1階は大東京信用組合があります)

アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6

会場URL: http://www.inter-works.jp/company/headoffice.html


【入館に関してのご注意】※重要

大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。

建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 

 

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000

参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、

連絡下さい。

 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され

ますので、ご注意ください。

****************************************************************

日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

国際メンタリング&コーチングセンター 代表

株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp, http://www.smartvision.co.jp

***************************************************************

 

posted by: hiroishikawa4 | 第33回戦略的人材マネジメント研究会 | 19:57 | - | - | - | - |
第33回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 HR SUMMIT 2012 シンガポール大会報告会、SHRM2012アトランタ大会 事前勉強会
JUGEMテーマ:ビジネス

戦略的人材マネジメント研究会の皆さん
 

 47日の研究会は、アタックスの稲垣副社長のご協力を得て、神田にある素晴らしい設備の東京事務所で開催をさせて頂きました。初めての方は、道を間違い易いですが、会場を間違えた方を除いて、無事来られました。

 さて、次回は、2つの国際的なHR関連コンファレンスをテーマにしたいと思います。

 まず、一つは、東南アジアで一番大きな人材マネジメントの大会と言えば、このHR SUMMITです。詳細は、http://www.hrsummit.com.sg/index.cfm

 昨年度は、HR SUMMIT 2011には、何と約4200人が集まりました。

 今年は、10周年で、更に多くの参加者がシンガポールに集まるとのこと。

 主催者は、HRアジア等の雑誌出版をするKey Media社。日本の日経BP社の様な所です。

 6月に日本のHRプロ社が主催するHRサミット20127月に日経BP社主催で開催のヒューマン・キャピタル2012は、基本的には、参加者の参加料は無料で、全体が13,000名だとか、一見多くの参加者が来ているようですが、同じ人が、複数のセッションに参加すると、それを重複して、カウントする方式が使われます。この方法で、計算した参加者数は、当然水膨れとなります。

 実際は、一日平均3000−4000名程度であり、一度に、1万人以上の人が参加している訳ではありません。実際は、同じ人が、見たい複数のセッションを参加しているのが現実だからです。参加費用が無料だと、毎日参加する人は少なくなる傾向があります。

 日本では、コンファレンスにかかる経費は、基本的には、スポンサー負担の考え方をしており、基調講演者以外の講師は、自分のセッションをもつために高いスポンサー費用を負担しているのが普通です。

 しかし、ASTDSHRM等の欧米の人材マネジメント協会の主催する年次総会では、一般参加者の参加料及びスポンサーの広告収入が収入の柱で、3−4日まとめた

参加費は、一人$1000以上になります。これだけの費用を払っているのだとの意識も働き、この分、多くのセッションに参加しようと思い、参加率も自然と高くなり、毎日参加するのが普通です。

 また、主催者側の趣旨にそった経験豊富な講師を選びますので、全体の質の高いセッションが多くなり、より充実したコンファレンスが期待できます

 東南アジアで開催されるHR関連イベントは、欧米式の参加者負担が原則でHR SUMMIT2012シンガポールは、2日間で、すべてのセッションに参加するには、最大S$1799(12万円相当)かかります。参加者4200名は、全部セッションに参加する訳ではないですが、コース別のセット料金なので、全体の参加者数をキチンと把握することが出来ます。従い、熱心な参加者が多く、参加率も自然と高くなります。

 今回は、このシンガポールで開催される東南アジアで最大級のHRサミットの様子を最初に報告します。

 昨年のHR SUMMIT 2011 シンガポールの様子は、YouTubeでも見られますので、

 下記を是非ご覧下さい。

  http://www.youtube.com/watch?v=EdTJ1SZLJBI&feature=related

 

 次に、人材マネジメント協会SHRM2012アトランタ大会です。

 今年のSHRM年次総会は、アトランタで6月24−27日まで、開催されます。

 SHRM年次総会で個別セッションを持つには、ビデオによる事前審査もあり、

迫力のあるスピーチ、プレゼンが期待できます。

 ASTD2012SHRM2012の両大会の基調講演に、ビジョナリーカンパニーで有名なジム・コリンズ教授が予定されています。これも偶然です。

 近著では、Great by Choiceがあります。日本語訳もその内に発売されましょう。

 また、今年は、順調に進んでいるISO HR Standardsの背景、最新の進捗状況を学べます。

 既に、Workplace Violence Prevention and Intervention Standard 及び

Cost per Hireのガイドラインがダウンロード可能で、今後は、色々な場面で、この情報提供が求められることになります。知らなかったでは人事のプロとして失格だと言われる様になります。詳細は、下記からダウンロードが可能です。

 http://www.shrm.org/hrstandards/Pages/default.aspx

 

 また、Workforce Planning - Basic Elements第一回公開レビューが終了し、

そのコメントも現在集計中。その結果が近々にサイトから見える様になります。

 現在、パフォーマンスマネジメントの第二回公開レビューが予定されていて、

これがまとまれば、ISO委員会に提出して、国際的な議論が行われることになり

ます。今年末から来年初めには、ISOの正式認可を予定しています。

 その中でも、特に注目したいのは、Job Description(職務記述書)、Human

Resources Metrics Panel (Dashboard)などの発表が予定されている点です。

 これらのHR指標の提示を要求されても、どのように測定して、活用するものなのかをキチンと理解して、準備することが、肝要になります。

 恐らく、SHRM2012アトランタ大会を前後して、これらのガイドラインが次々と発表されることから、アトランタのコンファレンス中には、その対策をどうするかで、話題が沸騰することになりましょう。

 尚、本研究会の会員のHPOの松井氏もリスク・マネジメントに関し、SHRM2012

にて、プレゼンを予定されています。

 これらの事前情報をキチンと把握し、どのセッションに注目すべきかのエッ

センスを出発直前の621日の勉強会で学びたいと思います。

 これを見逃すと、折角参加しても、貴重なセッションを見逃すことになりかね

ません。

 もし、SHRM2012には、忙しくて参加できない方も、日本企業での人事総務のプロとして今後活躍したいと考えている方には必須の情報であり、見逃せません。

 多くの方の参加をお待ちしています。

  会場は、新橋のインターワークス社の会議室を予定しております。

 

 第33回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:

 ーHR SUMMIT 2012報告会、SHRM2012 事前勉強会ー

========================================================================

開催日時:2012年6月21日(木)19:00−22:00 

 

19:00-19:30  初参加の方のみ、自己紹介 

19:30-20:30 HR SUMMIT 2012 シンガポール 視察報告

   −アジアは、人材マネジメントの強化にこれほどホットなのか

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM幹事、研究会世話人 石川 洋

20:40-21:30SHRM2012 conference アトランタ大会 事前勉強会

   -ここは、見どころ、見逃せない、事前対策のチェックポイント

 報告者:日本人材マネジメント協会JSHRM幹事、研究会世話人 石川 洋

21:30-22:00   ディスカッション タイム

        次回の発表者に関して

 

    :  株式会社インターワークス セミナールーム

会場住所: 港区東新橋2-6-10 大東京ビル8F

                (1階は大東京信用組合があります)

アクセス: JR線・東京メトロ/新橋駅より徒歩6分 

会場URL: http://www.inter-works.jp/company/headoffice.html

【入館に関してのご注意】※重要  

大東京ビルは、土曜日は建物正面玄関から入館できません。

建物左横から地下駐車場に降り、夜間休日通用口から入館下さい。 

 

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円  

参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、

連絡下さい。

 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され

ますので、ご注意ください。

****************************************************************

日本人材マネジメント協会JSHRM 幹事

戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

国際メンタリング&コーチングセンター 代表

株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp, http://www.smartvision.co.jp

***************************************************************

 

posted by: hiroishikawa4 | 第33回戦略的人材マネジメント研究会 | 16:52 | - | - | - | - |