Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第40回戦略的人材マネジメント研究会 開催案内 人材指標から人材分析の時代に!
JUGEMテーマ:ビジネス
戦力的人材マネジメント研究会会員の皆さん
 
 12日は、SAS主催の統計学の権威と言われるヘレン博士(女性)の講演会に
参加しました。
 彼女は、国際統計学会の副会長で、クイーズランド工科大学(オーストラリア)
の教授です。
 いまでは、オーストラリアの工科大学でさえ、統計学は大変な人気科目で、
600名の学生を抱えているそうです。まだ、若い学生が卑近なテーマで、仮説
をたて、大変熱心に検証しているとのこと。従来は、大学院レベルで学んでいた
ことを、今では、使い易いツールの登場により、多くの大学でも実施しています。
 その検証法の指導しているのが、ヘレン教授で、学生の仮説検証の手法のおか
しい所や、よく間違う事例を、参考までにあげていました。
 私も相当昔、ビジネススクール時代に、同じ経験をしましたが、今では、アジア
やオセアニアの大学でも、統計学やビックデータを学べる学科は、大変人気だと
のことです。
 また、近年開発されたBIツールやビックデータ関連の進化は、実に著しく、
注目に値しますが、これを支えるツール類の進化が、その背景にあるとも言えます。
 ただ、残念なことに、日本では、この実践分野では、相当の遅れをとっています。
 この遅れは、企業競争力にもろに反映してきますが、各事業部で独自に実施する
たけではだめで、会社のデータサイエンティストアナリストを集結して、
分析する動きが世界的に進んでいます。
 今回は、ヒューマン・ビックデータ及びヒューマン・アナリティックスの現状
と課題を考えてみたいと思います。
-----------------------------------------------------------------------
1.ビックデータの要となるヒューマン・ビックデータ
-----------------------------------------------------------------------
 2013年10月のSHRMコンファレンスでは、パフォーマンスマネジメント
においても、クラウドソーシングの活用が目立っていると報告しました。
 日本でも、ヒューマン・ビックデータに関する論文が、日立製作所、中央研究所
から発表され、これを使って、ビジネスを開始したソフトベンダーもあります。
 その背景には、「人と人とのコミュニケーション活動」が重要だとの認識があり
ます。日立中央研究所では、既に10年以上前から、この研究を進めています。
 しかし、この課題として、2つがあると言われています。
 まず、社会から、信頼を得るために、プライバシー問題に対して、警戒感を解いて
もらうための活動に対する理解と、このビックデータももたらす利益を実感してもら
う必要があり、そのために何と10年の年月がかかったとのことです。
 これは、大変な驚きですね。
 
-------------------------------------------------------------------------
2.ビックデータは、2020年までに1兆円市場! 
-------------------------------------------------------------------------
 従来のビックデータの利活用で、重要なものは、5分野があります。
 つまり、(1)ヒューマン・ビックデータ、(2)マシンビックデータ、(3)
ロケーションビックデータ、(4)マーケットビックデータ、更に、(5)スマート
インフラ・ビックデータです。
 最近は、3年目の東日本震災の影響もあり、NHK特集では、ビックデータを利用
した避難経路のシミュレーションをよく見ますが、これも(1)ヒューマン・ビック
データの活用です。その多くは、携帯電話所有者を、GPSを利用して、分析したもの
です。
 車情報のビックデータは、(2)(3)に属するもので、この道路の混雑情報とし
有名です。
 また、アマゾンやウォルマート他が重視しているのは、(4)マーケットビック
データであり、一部の有力小売業では、この分野での投資に力を入れています。
 矢野経済研究所の調査結果によると、2011年のビックデータ市場は、1900
億円だが、これが2020年には、何と1兆円になるといいます。
 だが、2012年の所、日本でのビックデータ導入率は、2.6%で、先進諸国でもまだ
低いとのこと。
 これも、日本では、データサイエンティストやアナリスト人財がまだ育ってない
からと言えます。
 最大の課題は、有名大学でも、統計学やデータサイエンスを学べる所に限りが
あるからでもあります。この分野は、実務体験が大変重要な要素になります。
 
---------------------------------------------------------------------------
3.ヒューマン・ビックデータは、どの部で、誰が、担当すべきなのか?
---------------------------------------------------------------------------
 事業部制やカンパニー制の企業では、組織毎に、別々の人員を確保して、独自の
運営をしているケースが多いでしょう。
 この場合、担当者1−2名、それも兼任が殆どです。
 人事異動が多い日本企業では、慣れない人が、つぎから次へと変わって、最初の
発達レベルに戻り、進歩が見られないお粗末な事例は沢山あります。これでは、
競争力強化には、程遠いと言えます。
 または、本社情報システム部が、一手に引き受けているケースもあります。
 情報システム部門では、確かにPCやプログラム開発に詳しい人財はいても、
ビックデータ処理や、戦略的な市場分析までできる人財がどこまでいるのかです。
 ヒューマン・ビックデータに関しては、本来は、人事が中心になり、どんな分析
をして、何に活用するかの方針を建て、全社的に進める戦略をたてる必要があります。
本来、この戦略を立てて、実行するのが、HRプロの仕事です。
 このHRプロは、人事部門と関係事業部の両方に所属する必要も出てきます。
 今後は、人事も、戦略的人事を要求される時代でもあり、戦力計画の立案と実施
をグローバル展開すると共に、人材分析(HR Analytics)を求められることになり
ます。
 この中で、ヒューマン・ビックデータの取り扱いは、避けては通れない重要な
テーマになります。
 次回の戦略的人材マネジメント研究会では、「人材指標から人材分析に転換する
には」を中心に、ヒューマン・ビックデータの事例を川端さんからも、報告して頂き
ます。
 4月は、人事総務部とっても、忙しい時期ではありますが、今回のテーマは、
将来何を目指すべきなのかをイメージできる大変貴重な機会になりますので、
将来を見据えて、多くの方の参加をお待ちしております。
 
 研究会では、皆さんのきたんのない意見をお聞かせ下さい。
 多くの方の参加をお待ちしています。
 
第40回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:
「HR Metrics(人材指標)から、HR Analytics(人材分析)の時代に」

========================================================================
開催日時:2014年4月12日(土)15:00−18:00 
 
15:00-15:30 初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20  HR Metrics(人材指標)から、HR Analytics(人材分析)の時代に
       過去の履歴分析から、予想分析に進化するには?
    報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 「研修後の行動変容調査分析から何を学んだのか?」
             戦力計画の戦略的構築に如何に役立てたのか?(中間報告)
    報告者:ソリューション・プロバイダー 人材開発担当 川端 伸和
17:10-18:00   ディスカッション タイム
        次回の発表者に関して
 
会    場:  株式会社アイアム・インターワークス セミナールーム
会場住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21
      NBF虎ノ門ビル(旧ダイヤ虎ノ門ビル)8
アクセス: 東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2
     都営地下鉄三田線 内幸町駅より徒歩6
     JR・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩9
地図は、http://www2.inter-works.jp/topics/index_322.html  をご覧ください。
会場の連絡先:03-6823-5400 FAX:03-3539-1680
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円
参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、
連絡下さい。
 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され
ますので、ご注意ください。
**************************************************
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com 
*************************************************
 
 
posted by: hiroishikawa4 | 第40回戦略的人材マネジメント研究会 | 17:43 | - | - | - | - |
第40回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 人材指標から、人材分析の時代に!
JUGEMテーマ:ビジネス
戦略的人材マネジメント研究会会員の皆さん
 
 ソチオリンピックの熱狂もすでに終わり、漸く従来のペースに戻った時ですね。
 今回のオリンピックで、感じたことは、従来の金メダルがとれた成績と同じ
レベルでは、もはや金メダルは、難しいと言う大きな進化の時代になったこと
です。
 フィギュア・スケートの王者と言われたパトリック・チャンでさえも、本番
では考えられないようなミスの連発で、バンクーバーの金メダリストのポイント
を遥かに追い越したものの、10代の日本の新星羽生結弦の果敢で、圧倒的なパワ
ーの前にあっと言う間に、追い越されて、銀メダルにとどまったのです。
 女子も同様で、ロシアの17歳の新星ソトニコワは、フリーでは、自己ベスト
を18点も更新して、バンクーバーの金メダリストのキム・ヨナのノーミスの
名演技をも凌ぐ、意外な結果となりました。元気さと言うか、圧倒的なジャンプ
の高さとパワーを感じさせる演技に対して、予想以上の加点を稼いだのです。
 現在の評価システムでは、難しい演技による技術点より、より魅惑的で、
よりパワフルな演技に対する加点の方が、より有効に働く仕組みになっている
からでもあります。
 今回から登場した新種目のスノーボードハーフパイプ、スノーボード大回転
等の新種目でも、新人の活躍が相次つぎました。オリンピックでメダルをもらい
たい場合には、新種目に挑戦するのが、穴場だとも言えます。
 ソチオリンピックで感じた点は、評価に不正があったかどうかということより、
世の中の価値感が変わるとその結果は大きく変わると言うことです。
 市場の動向価値観は、とかく、変わりやすいもの。その動向や価値観を敏感
に捉え、先読みできるかどうかが、ビジネスの成功の鍵となります。
 かと言って、市場全体の動向を探るのは、大変なことでもあります。
 それと比べると、自社のメンバーの行動特性や行動変容を見るのは、比較的
に易しいことです。
 そのトレンドを把握し、データとして蓄積することで、色々な予測分析が
可能になります。英語では、HR Analyticsと言われます。
 今年のASTD2014、SHRM2014 Conferenceの開催を機会に、Human Capital
Analyticsの本が続いて登場します。これから想像すると、この時期に、次回の
研究会のテーマとしてHR MetricsHR Analyticsを取り上げたことは、絶好の
機会と言えます。
  また、SHRM2014のANSI/ISOセッションの案内では、最新のANSI公示版が、
続々と発表されるとあります。これから、大きな変化の予兆を感じさせます。
 今年は、メールやサイトでも、「ビックデータ」がトレンディなテーマとして
取り上げられています。
 ビックデータを扱うアナリストデータサイエンティストが、これからは、もて
はやされる時代になります。
 本来の戦略的人材マネジメントには、どんなことをすべきなのかを知りたい方、
人材指標から人材分析に転換する時代に当たって、どんな点を配慮すべきなのか、
人材分析力を強化することで、何が改善されるのかを学びたい方、是非次回の研究
会に参加下さい。
 色々な気づきを得られることでしょう。参加をお待ちしています。
 
第40回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:
HR Metrics(人材指標)から、HR Analytics(人材分析)の時代に」
========================================================================
開催日時:2014年4月12日(土)15:00−18:00  
15:00-15:30 初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20  HR Metrics(人材指標)から、HR Analytics(人材分析)の時代に
       過去の履歴分析から、予想分析に進化するには?
    報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 「研修後の行動変容調査分析から何を学んだのか?」
             戦力計画の戦略的構築に如何に役立てたのか?(中間報告)
    報告者:ソリューション・プロバイダー 人材開発担当 川端 伸和
17:10-18:00   ディスカッション タイム
        次回の発表者に関して
会    場:  株式会社アイアム・インターワークス セミナールーム
会場住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21
      NBF虎ノ門ビル(旧ダイヤ虎ノ門ビル)8
アクセス: 東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2
     都営地下鉄三田線 内幸町駅より徒歩6
     JR・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩9
地図は、http://www2.inter-works.jp/topics/index_322.html  をご覧ください。
会場の連絡先:03-6823-5400 FAX:03-3539-1680
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円
参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、
連絡下さい。
 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され
ますので、ご注意ください。
**************************************************
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com 
*************************************************
 
 
posted by: hiroishikawa4 | 第40回戦略的人材マネジメント研究会 | 15:20 | - | - | - | - |
第40回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 人材指標から、人材分析の時代に!
 

戦略的人材マネジメント研究会会員の皆さん

 

 SHRM2013シカゴ大会の報告会でも、話をした通り、ANSI/ISOで議論されているHR Metrics(人材指標)の話題も増えましたが、更にこれが、 HR Analytics(人材分析)に進化すると言う流れがあります。

 参考情報として、下記をご覧ください。

人材指標と人材分析:http://www.smartvision.co.jp/metrics.html

 

 現実、アマゾンの様に、ビッグデータを活用して、関連する書籍を表示することで、勝ち組になった成功事例が増えています。

 最近では、治療診断分野でもこのビッグデータを活用する事例も紹介されてます。

 その対象が、顧客なのか、患者なのかの違いであり、HR Analyticsでは、これを一般社員に置き換えると、こんなことも出来るよと言うことになります。

 しかし、これを喜ぶ人と、抵抗感を持つ人がいますが。

 驚いたことに、ソチ冬季五輪に参加するすべてのサポーターに対し、テロ防止という名目で、事前登録を要求しています。

 事前登録しないと、会場には近づけないのです。これにより、会場周辺に近づく人すべては、事前登録されることになり、入場前のチェックや、監視カメラの映像情報により、誰が入場したのかを確認できるようになります。

 もし、おかしな行動をする人は、直ぐに見つかることになります。

 最悪の事態を考えれば、仕方ない処置だと考える人は多いと思いますが、今後も何か事件が発生しそうだと判断すれば、同様の手法が、定常化することになりそうです。

 社員に対しても、出退勤管理、どこにいるかを明確にすることは、当然のこととしている会社が殆どです。

 その延長で、社員の行動に対しても、人材分析(HR Analytics)を導入するケースは増えましょう。

 日本でも、人通りの多い目ぬき通りには、監視カメラが多数設置され、何かあれば、その映像を調べれば、誰かを特定することも出来る様になりました。

 何かの事件が発生すると、「セキュリティー対策が甘い」との批判が、あちこちから、出てきますので、今後、東京近辺では、セキュリティーが更に厳しく騒がれる時代になりましょう。

 2020年には、東京オリンピックを迎える日本でも、使用する施設には、すべて同様の処置がなされると覚悟した方が良さそうです。

 我々としてやるべきことは、事前登録制度や監視カメラの設置は、けしからんとの議論より、果たして、それを設置する価値があるのかどうかになります。 期待するほど効果がなければ、無駄使いになるからです。

 社員に対するHR Analyticsの導入に関しても、「これがどれだけ役立つのか?」であり、「それによって、将来、何が期待できるのか?」なのです。

 「自分は、人一倍努力して、頑張っているのに、今の上司は、認めてくれないと感じている人は、実際のデータによって、よくやっていると認められることにもなることもありますが、やはり、「これではね」との評価を受けることもあり

ます。しかし、早めに何が課題なのかを気づせていたら、早めに改善していたか

もしれません。

 これからは、部下への説明責任を高めるためにも、これらの手法が、どれだけ活用出来るのかを4月の研究会では考えたいと思います。

 今回、ソリューション・プロバイダーにお勤めの川端さんの協力により、研修修了後の行動変容調査分析を行った結果を見せて頂けることになりました。

 この内容を今後の戦力計画の立案にも活かしたいとのことです。これも今後の参考になりそうで、大変楽しみです。

 「良い」「悪い」の議論より、「どんな時に役立つのかな?」という議論を沢山

したいですね。多くの方の参加をお待ちしています。
 尚、次回の21日(土)の研究会に都合悪く参加できない方は、316(日)には、下記の1日ワークショップも予定しています。

 人材育成の見える化や、タレント開発報告指針TDRPに基づく、報告書の作成法を学びたいと考えておられる方は、是非参加ください。 ワークショップ概要http://www.smartvision.co.jp/performance051.html

 

第40回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:

HR Metrics(人材指標)から、HR Analytics(人材分析)の時代に

========================================================================

開催日時:2014年4月12日(土)15:00−18:00 

 

15:00-15:30 初参加の方のみ、自己紹介

15:30-16:20  HR Metrics(人材指標)から、HR Analytics(人材分析)の時代に

       過去の履歴分析から、予想分析に進化するには?

    報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋

16:30-17:10 「研修後の行動変容調査分析から何を学んだのか?」

             戦力計画の戦略的構築に如何に役立てたのか?(中間報告)

    報告者:ソリューション・プロバイダー 人材開発担当 川端 伸和

17:10-18:00   ディスカッション タイム

        次回の発表者に関して

 

    :  株式会社アイアム・インターワークス セミナールーム

会場住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21

      NBF虎ノ門ビル(旧ダイヤ虎ノ門ビル)8

アクセス: 東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2

     都営地下鉄三田線 内幸町駅より徒歩6

     JR・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩9

地図は、http://www2.inter-works.jp/topics/index_322.html をご覧ください。

会場の連絡先:03-6823-5400 FAX03-3539-1680

 

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000

参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp FAX 03-5858-6931まで、

連絡下さい。

 尚、このメールにそのまま返事しますと、メンバーの方、全てに自動配布され

ますので、ご注意ください。

**************************************************

戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート

国際メンタリング&コーチングセンター 代表

株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com 

*************************************************

 

posted by: hiroishikawa4 | 第40回戦略的人材マネジメント研究会 | 16:30 | - | - | - | - |