Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今週、6月11日は、第49回戦略的人材マネジメント研究会があります。 今回は、SHRM2016コンファレンス 事前勉強会ですので、是非参加下さい。
戦略的人材マネジメント研究会の皆様
 
 米国大統領選挙の各党の代表は、決まったものの、現在の有権者たちは、
安定感のあるEstablishmentより、トランプ、サンダース候補のような
型破りで、破壊的な力が期待できるDisruptive leaderを期待しているのが
現代の世相です。
 HR Professionalの世界でも同じで、体制べったりで、既得権にこだわり、
金まみれのタイプは、毛嫌いされ、従来のやり方を根本から変えてくれそうな
頼もしいHRプロの登場を期待しています。
 いくら元気なCEOが来て、トップダウンで何かをやらせるより、HRプロという
信頼できる腹心がいて、必ず出てくる抵抗勢力の意識改革をスムースに進めら
れる仕組みづくりと職場環境づくりが期待されているのです。
 そういう意味で、HRプロの重要性が更に高まっています。
 人事総務やHRプロ関係者の世界最大の祭典SHRM2016コンファレンスは、
6月19-22日に米国ワシントンDCにて開催されます。例年、約20000名
の参加者が集い、互いの主張を発表し、議論をする中で、今後の方向性が明確
になっていきます。
 従来型の政治家やエスタブリッシュメントの一部としての大統領には、相当
大きな抵抗感があるのと同様に、企業内でもトップダウンしかできないCEOには、
同様の不満が溜まっているもので、競合の厳しい市場変化に応じた将来を目指
した戦力計画の実現を支える仕組みづくりとスムースな意識改革を進めてくれる、
HRプロの技量に期待する気持ちが高まっています。
 従来型のHRプロの認定資格として、SPHR,GPHRというHRプロ認定があり、
ある程度の知識レベルのHRプロを認定してきましたが、当社の期待が高かった
こともあり、期待した程の実績が出てこなかったのです。
 そこで、現在のSHRM CP/SCP HRプロ認定では、これからのあるべき姿に、
明確な方向性やビジョン、そしてのその効果的な手法をもち、それを率先して
実行する意欲ある人財を、コンピテンシーの高い人財として、HRプロに認定する
方針に転換したのです。
 2015年から始まった、このSHRM CP/SCP HRプロ認定者は、昨年6月現在
では、約5万名でしたが、2016年には、10万人の大台を超える飛躍的増加が見込
まれています。
 しかし、米国以外の地域では、この動きは、非常にスローなのが、現実です。
 アジア地域の方も、本場の熱気を感じながら、皆さんも欧米企業の仲間に遅れ
をとることなく、同じ土俵で考え、積極的に実践する新世代のHRプロの登場が
待たれています
 そのさきがけとなるべく、4−5名の我らSHRMコンピテンシー研究会の仲間が、
7月のSHRM CP/SCP認定に挑戦する予定です。
 是非、頑張って頂きたいと思います。
 
 さて、今月開催予定のSHRM2016コンファレンスに関する事前勉強会を6月11
(土)に開催の予定です。
 まず、これからのあるべき姿やそれを実現するための意識改革の重要性を理解し、
推進役の中心として、なぜHRプロが期待されているのか、それは一体どんな方向
なのか、従来のやり方をどう変革する必要があるのか、それはどうすれば、実現
できるのかを考えたいと思います。
 これからは、HRプロがいて、色々と協力してくれたから、スムースに進んだと
感謝される存在になって欲しいものです。
 これは、「意識改革のエバンジェリスト」としての存在でもあります。
 どこの企業でも、人事総務の主要業務での、最大の課題は、どうも従来の
パフォーマンス レビュの進め方だと言われ、これを抜本的に変革する必要が
あります。
 これが、優秀社員の定着と業績への貢献に大きく貢献するからです。
 これから成長段階にある社員、契約社員、パート、等に対する各種の効果的な
モチベーション手法の使い分け、既成品のソフトの導入では、ミレニアル世代や
中間管理職からの指示が得られないので、これにどう対処すべきなのか等、色々
な課題を整理して、欧米企業での進捗状況をSHRM2016コンファレンスの動向を
参考に、そうすべきかを考えたいと思います。
 そのヒントになるべき、多くの基礎知識や最新動向をまとめましたので、
次回の6月11日の戦略的人材マネジメント研究会で、報告させて頂きます。
 更には、最新のパフォーマンス マネジメントソフトの事例として、アジア育ち
のKPIソフトを紹介させて頂きます。
 SHRM2016コンファレンスからの帰国後には、視察報告会を通して、今後進むべき
方向を考える機会を9月末頃に予定しております。
 
 SHRM2016コンファレンスに参加する方、または、最新動向を知りたい方も是非
参加ください。 多くの方の参加をお待ちしております。
 常連の方で、参加可否の連絡されてない方は、必ず連絡お待ちしております。
 
第49回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2016コンファレンス 事前勉強会
最新型のパフォーマンス・マネジメントの実践法を学ぼう
===============================================================
開催日時:2016年6月11日(土)15:00ー18:00 
 
15:00-15:30  戦略的人材マネジメント研究会:初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20   SHRM2016コンファレンス ここが見所、キーポイントとは?
             ーミレニアル世代対応のHRソフトの動向と今後のHRMの進展
      報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 アジア人の発想で、日本にもフィットしたパフォーマンス・
      マネジメント
      ー個人の成長と業績の改善をわかりやすく示すKPISOFTの可能性
           報告者:KPISOFT株式会社 代表取締役 高橋 克典 氏
17:10-17:50   ディスカッション タイム
17:50-18:00   次回の発表者に関して
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
     自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで、八幡中学前で下車、
     徒歩2分です。
        向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
    FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
******************************************************
日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
******************************************************
 
posted by: hiroishikawa4 | 第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 | 17:52 | - | - | - | - |
第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 SHRM2016コンファレンス 事前勉強会
JUGEMテーマ:ビジネス

戦略的人材マネジメント研究会の皆様

 文科省でも、「教育の情報化」を基本方針として、大学教育の質的転換を進めて
います。でも、これが軌道に乗るのは、相当先の話です。
 日本では、漸く教室でもPCやタブレットを本格導入することを検討している状況
ですが、先進欧米企業では、PCやタブレットから、スマホへの転換が叫ばれ、これ
が着実に進展しています。この違いは、大きいですね。

 いまや、アンドロイドか、iPhoneかではなく、ミレニアル世代の若者でも喜んで
使ってもらえる各種のフィードバック ソフト
として認められるには、どうすべきか
なのです。
 ミレニアル世代に受け入れられないソフトは、死に絶える運命にあります。
 それでは、どうすれば良いかが、現在、SHRM2016コンファレンスで議論されている
重要テーマの一つでもあります。

 6月11日(土)開催予定の戦略的人材マネジメント研究会では、従来のSHRMコン
ファレンスの動向、人材マネジメントの潮流2016版を考えながら、今年の見所を
探ります。
 更には、最新の「HRのデジタル化」の流れ、インドでのソフトウエア開発の進展、
マレーシア生まれの若者にも大好評のパフォーマンス ツールKPIソフトをご紹介し
ます。
 当然、SHRM2016コンファレンスで注目されるのは、どんな動きなのかもお知らせ
します。
 日本では、4月から、女性活躍推進法が施行され、一億総活躍運動として、
いくつかの新法が、今年出てくることになります。
 少子化高齢化の進展で、従来の60ー65歳定年制を、70歳まで延長することに
なりましょう。この最大の理由は、年金を払える資金が枯渇する可能性が高いこと
もあり、この窮余策としての性格があります。
 しかし、これで定年制を廃止するのではありません。

 一方、米国では、年齢による雇用差別を禁止した法律が昔からあり、男女差別
の問題より、一部の民族の雇用差別をして良いかの議論が進んでいる時代でもあり
ます。
 トランプ旋風の背景には、違法移民が急増していることから、従来の融和的対応
で果たして良いのか、その根強い反発が強まっている現象を示しています。

 米国大統領選挙も本戦にはいると、双方の陣営ともに、劇的な方針転換が予測され
ますが、今後とも、この動向を注目したい所です。
 アジアの先進国を自称する日本では、従来の古い人財マネジメント手法で果たし
て、グローバル時代を乗り切っていけるのか
を考える絶好の機会になりましょう。
 
 SHRM2016コンファレンスに参加する方、最新動向を知りたい方も是非参加くださ
い。 多くの方の参加をお待ちしております。

第49回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2016コンファレンス 事前勉強会
「最新型のパフォーマンス・マネジメントの実践法を学ぼう」

===============================================================
開催日時:2016年6月11日(土)15:00ー18:00 

15:00-15:30  戦略的人材マネジメント研究会:初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20   SHRM2016コンファレンス ここが見所、キーポイントとは?
             ーミレニアル世代対応のHRソフトの動向と今後の進展ー

      報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 「アジア人の発想で、日本にもフィットしたパフォーマンス・
      マネジメント」
      ー個人の成長と業績の改善をわかりやすく示すKPISOFTの可能性

           報告者:KPISOFT株式会社 代表取締役 高橋 克典 氏
17:10-17:50   ディスカッション タイム
17:50-18:00   次回の発表者に関して

会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
     自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで、八幡中学前で下車、
     徒歩2分です。
        向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
    FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
******************************************************************
日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
******************************************************************
posted by: hiroishikawa4 | 第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 | 17:07 | - | - | - | - |
第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 SHRM2016コンファレンス 事前勉強会
 戦略的人材マネジメント研究会の皆様
JUGEMテーマ:ビジネス
 HRプロの世界最大の祭典、人材マネジメント協会SHRM2016コンファ
レンスも、あと2ヶ月になりました。
 今年は、6月19−22日まで、ワシントンDCで開催されます。
 例年約2万人のHRプロが集結して、人材マネジメントの諸問題に関して、
熱い議論が繰り広げられます。
 今年のテーマは、沢山ありますが、その一つが、「世代の格差」です。
 米国大統領選挙の最大の争点は、「収入の格差問題」ですが、SHRMでは、
世代の行動スタイルの違い、価値観の違い等にどう対応するべきかが、大きな
テーマの一つになります。
 ミレニアル世代(20歳代の若者)へのスマホの普及率94%%以上と言われて
おり、食事中も、電車の中でも、スマホを離せない、席の近くにいても、
メールやラインでやりとりして、直接話そうとしない若者が増えています。
 日本の若者も同じ傾向があり、メールで親しいひとだけやりとりしますが、
例え、折角となりに座っていてもメールでのやり取りを好みます。
 これが生じて、例え、近くにいても、互いに挨拶しないこともありませんか?
 固定席がない企業では、あたかも電車の中で、挨拶もせず、空いている席に
座る習慣の人が現れます。
 また、折角、入社したての新入社員が大きな声で挨拶しても、近くに座っている
人が、最初にキチンと挨拶しないと、どっちみち返事をしてくれないと思い、
互いに言葉をかける機会も少なくなります。
 欧米企業では、従来行っていたランクづけ評価をやめ、スマホを使ったフィー
バック アプリを活用して、チーム内でのコミュニケーションを促す運動
普及しています。
  もし、これらのアプリを使っても、上司仲間から何も反応がないと、自分の考え
は、了解されたのと理解してそのまま進めてしまっていることはありませんか? 
 フィードバック アプリが使い易いと議論が活発に進み、コミュケーションが進み
ますが、これについていけないマネジャーも相当います。
 スマホを使っていると、「サボっているのか?」、と一方的に決め付ける上司も
従来はいましたが、これを業務に活用する時代になると、「ミレニアル世代と、
とても付き合っていけないし、その時間もない」と気づきはじめ、この時代の
流れには、「とてもついて行けない」と感じるマネジャーや経営幹部は、若手を
育てるのを諦めた人も増えます。
 新しい時代の流れにそって、従来、PCやタブレット ベースであったタレント
マネジメントのソフトもスマートホン ベースに切り替える動きがあります。
 その一例が、独立系のタレントマネジメントソフトを販売するサムトータル
です。
 5月11日のHRサミットでは、Self developing organizationと称して、
自己成長を促すタレント マメネジメントを発表しました。
 ミレニアル世代に受け入れられ易いシステムにするため、PCベースから、スマフォ
ベースへの移行を推進しています。従来のPCやタブレットベースのシステムを
Saasベースに移行した単純なものではなく、ミレニアム世代に受け入れられるシス
テムに全面的な改訂行ったとのこと。
 シリコンバレーには、ミレニアル対応のソフト開発を得意とする若者を中心にした
ベンチャ企業が沢山あり、彼らの力を借りて、全面的な改訂を行ったものです。
 また、基幹システムとして、オラクルSAPとのインタフェースも可能にし、必要
な部分だけをお使い頂けるシステムにしています。
 これがこれからのHRソフトの潮流とも言えます。この流れとしてHRの「デジタル
」が今後一層進みます。
 「PC面倒で使えない」が、「スマホは、器用に使いこなす」のが、ミレニアル
世代です。
 皆さんの職場でも、若者に使われる業務の効率化に役立つフィードバック
アプリを導入して、効率改善、業績アップを実現しませんか?
 
 次回の戦略的人材マネジメント研究会では、従来のSHRMコンファレンスの動向
人材マネジメントの潮流2016版を考えながら、今年の見所を探ります。
 更には、最新の「HRのデジタル化」の流れ、インドでのソフトウエア開発の進展、
マレーシア生まれの若者にも大好評のパフォーマンス ツールKPIソフトをご紹介し
ます。
 当然、SHRM2016コンファレンスで注目されるのは、どんな動きなのかもお知らせ
します。

  PCは面倒だが、スマホは、器用に使いこなすのが、ミレニアル世代です。 

 でも、「これの何が問題なのか?」と感じるでしょう。

 ミレニアル世代がどうのという議論ではなく、それ以前の世代とのギャップが

ありながら、従来の既成概念評価システムが変わらず、古い価値観もそのまま

であって良いのかという議論になります。

 

 近い将来、多くの職場では、ミレニアル世代が大勢になるわけですが、その時

まで、この何も変えないでよいのかミレニアル世代になったら、彼らの好きな

ように変えてもらえば良いと考えて良いのか?、そうすると過去の蓄積、教訓が

生かされない状況になりかねません。

 SHRM2016コンファレンスで話されることは、「これらのギャップを埋めるために

必要な努力と何が必要なのか」、或いは、「ミレニアル世代と現世代のスムース

橋渡しが可能な効果的な手法はないのか」です。
 従来のPCやタブレットベースの情報システムを、スマホ対応にするには、大幅な
ソフトの変更が必要になります。
 費用がかかりすぎると言って、後回しにすると、ミレニアル世代には、馴染み

にくい職場環境になり、若手の優秀な人財の流出につながります。

 従来のランクづけ人事評価では、不満がたまりますので、これまで以上に、上長
やメンターからの効果的なフィードバックが求められますが、これを実現するには、
スマホベースの情報環境に早めに転換する必要があります。
 これをどう実現するかが今後の重要な課題になります。

 

 次回の研究会は、事前勉強会ではありますが、「世界最大の人材マネジメントの

祭典にどのような心構えで望めば良いのか」を念頭に、コンファレンスでどんな

議論があるのかだけではなく、皆さんがお持ちの課題をどう改善、改革

するための実践的な改善手法を見出すヒントを提供します。

 尚、具体的な議論は、帰国報告会にて、じっくりと議論する予定です。
 SHRM2016コンファレンスに参加する方、最新動向を知りたい方も是非参加
ください。多くの方の参加をお待ちしております。
 
第49回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2016コンファレンス事前勉強会
「最新型のパフォーマンス・マネジメントの実践法を学ぼう」

============================================================
開催日時:2016年6月11日(土)15:00ー18:00 
 
15:00-15:30  戦略的人材マネジメント研究会:初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20   SHRM2016コンファレンス ここが見所、キーポイントとは?
             ーミレニアル世代対応のHRソフトの動向と今後の進展
      報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 アジア人の発想で、日本にもフィットしたパフォーマンス・
      マネジメント
      ー個人の成長と業績の改善をわかりやすく示すKPISOFTの可能性ー
           報告者:KPISOFT株式会社 代表取締役 高橋 克典 氏
17:10-17:50   ディスカッション タイム
17:50-18:00   次回の発表者に関して
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
     自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで、八幡中学前で下車、
     徒歩2分です。
        向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
    FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
******************************************************
日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
******************************************************
posted by: hiroishikawa4 | 第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 | 10:58 | - | - | - | - |