Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第43回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 顧客の心を掴むには、まずピープルアナリティクスで社員の心を掴め?
JUGEMテーマ:ビジネス
戦略的人材マネジメント研究会会員の皆さん
 
 人材マネジメントは、Human Resource Managementの訳ですが、日本では、
マネジャーの立場にたったマネジメント手法と捉える傾向がありました。
 ピープル・マネジメント(People Management)を導入する最大の目的は、働く人
立場にたって、生産性の改善と働き易い職場を実現するには、どうしたら良いの
を考えることです。
 欧州の人材マネジメント協会CIPDでは、彼らが行うHRMPeople Management
呼ぶことが多い様です。
 これは、社員の立場にたった生産性改善活動や職場環境改善活動と捉えている
からです。 CIPDのサイトは、こちら
 
 上記のCIPDのサイトをご覧になると、People managementをメインテーマに
する団体やPeople managementという機関紙もが存在することからも、これが伺え
ます。
 現在、日本でも、ビックデータが注目され、色々な分野で、普及が進んでいます
が、この中で行われているデータ アナリティクスは、医療分野や、職場での人間
科学も含まれます。元々、ビックデータは、人の行動分析の事例が多く、これを
人材マネジメントの分野でも、活用する動きは、当然の流れと言えます。
 それは、従来の人材マネジメントの概念が果たして、妥当だったのかを見直す
動きにもなります。
 従来の経営幹部やマネジャー直感的な思い込みや、先入観が果たして妥当だった
のかを、ソシオメーター等のInternet of Things(IoT)を活用して、人間の行動を
分析し、その結果を生産性の向上や働き易い職場の実現に役立て様とする動きでも
あります。
 例えば、グーグル等の米国企業でも、従来の人材マネジメントの進め方を見直し、
トップやマネジャーの思いつきや、先入観で決めるのではなく、メンバーの行動
データを解析して、それを参考にして、改善策を決める動きが強まっています。
 皆さんの多くは、「果たしてそんなことができるのか?」と思うかもしれません
が、実際に使われているソシオメーターは、日立中央研究所で結構昔に開発された
技術をベースに、通信機能を追加したり、更に改善を積み重ねたものが多く、日本
人の所長や副所長が活躍するMITメディアラボを拠点に、米国企業での導入が進ん
います。この分野でも、日本の優秀な人財が、活躍をしているのです。
 今年の6月に日本でも発売された「職場の人間科学」の著者であるベン・ウエ
バー氏は、MITメディアラボの中心人物のひとりです。
 彼は、6月に来日した際、得意の日本語を交えて、出版講演をしたことが、
こちらの記事にも掲載されました。おもしろいですね。
 
 さて、グーグルでのピープル・アナリティクスに基づく、職場改革に関しても、
前回のメールで紹介させて頂きましたが、ご覧になりましたか?
 彼らは、ピープル・アナリティクスを重視する理由として、10の視点を指摘
しています。また、優れたマネジャーのガイドラインとして8項目を示し、評価
項目にも、取り入れています。ここまで徹底している企業は、大変珍しい存在です。
 次回の研究会では、これらのピープル・アナリティクスに関する最新情報を紹介
しながら、従来は、どんな先入観にとらわれていたのか、それをどのように分析・
改善したのかを、報告させて頂きます。
 11月2日のNHKスペシャルでは、医療分野でのビックデータが如何に活用して
いるのか、日本の最先端の病院の事例が紹介されました。多くの患者は、これで
従来の医療が改善でき、治療が進むのあれば、歓迎しています。
 同様のことが、日本企業でも、導入された場合には、どんな点が改善可能なの
かが、興味ある所です。
 あくまでも、ピープル・アナリティクスは、管理・監視するという視点ではなく、
職場での生産性の向上と働き易い職場環境の改善により、職場で働く人の満足感を
引き出す取り組みですので、この点を理解していただき、積極的に参加し、議論に
加わって下さい。
 日本発のソシオメーター等を活用して、一体どんな分析が可能なのか、それに
より、マネジャーの意識改革がどれだけ進んだのかを考える絶好の機会にもなり
ます。多くの人事総務や経営企画の方の参加をお待ちしております。
 
第43回戦略的人材マネジメント研究会開催案内
顧客の心を掴むには、まずピープル アナリティクスで社員の心を掴め!」
 ======================================================================
開催日時:2014年12月13日(土)15:00−18:00 
 
15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20  欧米では、なぜピープル アナリティックスが注目されるのか?
       顧客の心を掴むには、まず、社員の心をつかめ!
 報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:20   People Analytics, how it works in real workplace!
 報告者:Roy Thorson,SPHR,GPHR,General Manager,Global Human Resources
            Office,Tachi-S Ltd.,
17:20-18:00   ディスカッション タイム
18:30-19:30   親睦会 次回の発表者に関して
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7−48−11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
          向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     TEL:03-6432-2985  FAX03-6432-2986
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
      FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
**************************************************
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
*************************************************
 
 
posted by: hiroishikawa4 | 第43回戦略的人材マネジメント研究会 | 06:47 | - | - | - | - |