Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第44回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 タレント・マネジメントの導入の歩みとよくある課題と対策
JUGEMテーマ:ビジネス

戦略的人材マネジメント研究会会員の皆さん
 
 13日の研究会後の懇親会には、発表者のRoyさん、慶應大学の特任教授の
山崎氏も参加し、大変盛り上がりました。Royさんの奥さんは、北海道生まれ
の方で、大変仲の良いご夫婦だとのこと。現在は、東京ライフをエンジョイし
ています。
 米国の伝統的なビジネススクールは、ファイナンス系が多く、ここで学んだ
人が、ウォールストリートでは、活躍していますが、最近は、人材マネジメント
学部が増えており、Royさんも、この人材マネジメント学部で、人材マネジメント
の基本、タレント・マネジメント、人財アナリティクスに至るまで、きちんと
学んだそうです。
 日本の大学では、「人材マネジメント学部」など、聞いたことありますか?
 残念ながら、この分野では、日本は、まだまだ遅れているのが現実です。
 彼は、ピープル・アナリティクスを実証するために、ソシオメーターを使って、
ピープル・アナリティクスを日本企業に導入しようしましたが、社員の方にその
背景と目的が、理解されず、協力が得られなかったとのこと。これは大変残念
なことです。
 今回の報告で、彼が、先進事例の例として取り上げたのは、ゼロックスと
グーグルです。
 偶々、富士ゼロックスの方が2名、懇親会に参加されました。
 山崎教授の話では、既に、富士ゼロックスでは、営業関係の3000名の方に対して、
ソシオメーターを導入して、行動解析したことがあるとのこと。
 これは、大変な驚きです。
 日本企業でも、この分野での先進企業があったのです。
 また、研究技術開発部門では、昔から、将来戦略を実現するための戦力計画
(Workforce Planning)
を実践していたのも、大変な驚きです。
 これも、親会社のフジフィルムからの伝統を引き継いだものです。
フジ・フイルムでは、フィルム産業だけにとらわれず、従来の強みを活かせる分野
への多角的な展開にも、積極的で、その実現に必要な人材開発にも熱心です。
新規市場開拓には、製薬分野もあり、今、エボラ熱に効果があると注目を集める
アビガン錠は、フジ・フィルムがもともと開発したものです。
 このような多角化が可能になったのは、長年実践してきた中長期戦略に基づく
戦力計画の実現
が貢献しています。
 フィルム時代での最大のライバルであったコダックや、最大の自動車メーカー
であったジェネラル・モーターGMでは、中長期の戦略が明確でないまま、戦力
計画を実践できなかったことが原因して、リーマンショックを乗り越えられず、
倒産したのは、ご存知でしょう。
 ジェネラルモーターGM、クライスラーのような大企業では、トップは、外部から
くるのが、通常で、短期間の間に業績を改善することに力を入れ、中長期的視点で、
会社のコアとなるビジネスを育てたり、新規市場の開拓に力を入れることは、
しませんでした。
 リーマンショックのような危機が到来すると、革新的なパラダイムシフトが
起こりやすく、この動きについていけない企業に経営危機が起きました。
そのよう事例がコダック、GM等で見られたのです。
 将来の市場の動向に対応するためには、中長期戦略が必要であり、その実現には、
戦力計画(Workforce Planning)」の立案と実践が必須になります。
 過去からの教訓を念頭に、現在の欧米企業のCEOの最優先課題として、タレント
・ネジメントが、現在一番重要視されています。
 また、これからの人材マネジメントは、「潜在的能力をもつタレントに、活躍の
場をつくり、その能力を磨ける職場づくり
」が日本でも、注目を集めています。
 
 次回の研究会では、「最新のタレント・マネジメント動向とよくある課題」を振り
返り、日米融合の企業文化が育った「フジ・ゼロックスでの日本的タレント・マネ
ジメントの歩みと課題
」を中心に考えていきたいと思います。
 その中で、重要なのは、フジ・ゼロックス独自の専門技術能力の開発手法、
更には「プロセス能力」と「人間力」開発です。
 彼らが、なぜこのような手法を進めたのか、その具体的な背景と手法を当時の
人材育成検討チームのリーダーをされていた山崎教授から、生の話をお聞きします。
 中長期戦略を実現するために、戦力計画(Workforce Planning)を是非実現したい
と考えておらえる方は、是非参加ください。参加お待ちしております。
 

第44回戦略的人材マネジメント研究会開催案内
タレント・マネジメントの導入の歩みとよくある課題と対策
 ==============================================
開催日時:2015年3月21日(土)15:00−18:00 

15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20 「最新タレント・マネジメント動向と、よくある課題と対策
 報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:20  「富士ゼロックス、技術系タレント・マネジメント導入の歩みと課題
  弊社のめざす事業領域と技術人材のあるべき姿、戦力計画の作成と課題
 「専門技術能力」の育成手法、ETSS 導入・運用の効果と課題、「プロセス能力」
 「人間力」の育成手法と課題

 報告者:富士ゼロックス 研究技術開発本部 アドバイザー、
     慶応義塾大学 リーディング大学院特任教授
17:20-18:00   ディスカッション タイム
18:30-19:30   次回の発表者に関して

会    場: 株式会社スマートビジョン本社 2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7−48−11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
          向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
      FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
**************************************************
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
*************************************************
 

posted by: hiroishikawa4 | 第44回戦略的人材マネジメント研究会 | 15:13 | - | - | - | - |