Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第44回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 ビジネスの課題を解決する最初のステップになるタレントマネジメント
JUGEMテーマ:ビジネス

戦略的人材マネジメント研究会会員の皆さん
 
 デロイト大学プレス社発行のGlobal Human Capital Trends2015が、こちらのサイ
から、リリースされましたが、ご覧になりましたか?
 
 この中では、人材マネジメントに関する今年の10大トピックスが紹介されており、
先に紹介したBersin by Deloitte社のPrediction for 2015や、BCG社のCreating
People Advantage 2014同様、欧米企業での人材マネジメントは、大きな改革・進展
見込まれています。
 その中では、企業風土及びエンゲージメント、リテンションは、互いにつながって
おり、この改善には、トップダウンでやらせるより、職場での学習と人材開発で進め
マネジメント手法が、注目されています。
 この実現には、従来の競争をあおるアセスメントやランクづけでは、チーム内での
仲間意識を削いていることもあり、従来の競争アセスメント型のパフォーマンス・
マネジメントを、最新型のコーチング&人材開発型に転換する企業が急速に増えて
おり、この傾向は、今後も続くと予想しています。
 従来の経験と感による判断では限界があることもあり、グーグルの様に、ピープル
アナリティクスを行う組織を社内に設置し、顧客行動分析だけでなく、社員の行動
分析を含めて、具体的なデータに基づき、客観的に判断し、その改善策を講じること
です。
 この実現には、まず、タレント・マネジメントの仕組みを導入して、職場で育て
基盤づくりを行う必要があります。
 とかく、日本企業の人事担当者は、タレント・マネジメントと言うと、「後継者
養成とか、次世代リーダーの養成とかなど、相当先の話だ」と考え、「そんなこと
今ごろ考えている余裕がない」と言う人が多いですが、最初は、最新のコーチング
&人材開発型パフォーマンス・マネジメント手法に一新して、職場の意識改革をし
ながら、互いに気づきを与えながら、タレント・マネジメントを導入する過程で、
職場での意識の高揚、企業ブランド等の副次効果も期待でき、その結果、良い業績
をあげることができる様になります。
 従来型のトップダウンのマネジメント手法で、行き詰まっている時こそ、最新型
パフォーマンス・マネジメントタレント・マネジメントでの基本概念が役立
ち、皆で考え、互いの気づきが得られる最初のステップになります。
 次回の研究会では、現在、皆さんのお持ちのビジネスでの課題をお聞きしながら、
その最適策として、タレント・マネジメントはどんな位置づけにあるのかを考えた
と思います。活発な議論を期待しています。
 
 これから人材マネジメントの大きな潮流では、「タレント・マネジメントは、あ
くまでも通過点に過ぎず」、社員全員がやる気を持って、協力して働ける基盤づく
を支援することで、「ビジネス志向を高めて、業績に貢献する」ことを目指して
ます。
 「我社では、タレント・マネジメントは、まだ早いのではないか」と考えてい
方、今までのタレント・マネジメントの考え方、今までの進め方で良かったのか
どうかを再検討したい方にも、多くの気づきが得られます。
 タレント・マネジメントを成功に結びつけたいと考える方は、是非参加をお待ち
しております。
 次回の研究会では、5月以降に、旗揚げ予定のSHRMコンピテンシー研究部会
関しても、簡単な説明もしますので、SHRM主導の新しい取り組みに興味をお持ち
方も、是非参加ください。

第44回戦略的人材マネジメント研究会開催案内:
タレント・マネジメントの導入の歩みとよくある課題と対策
 ======================================================================
開催日時:2015年3月21日(土)15:00−18:00 
 
15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20 「最新タレント・マネジメント動向と、よくある課題と対策」
 報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:20  富士ゼロックス、技術系タレント・マネジメント導入の歩みと課
  弊社のめざす事業領域と技術人材のあるべき姿、戦力計画の作成と課題
 「専門技術能力」の育成手法、ETSS 導入・運用の効果と課題、「プロセス能力」
 「人間力」の育成手法と課題
 報告者:富士ゼロックス 研究技術開発本部 アドバイザー、
     慶応義塾大学 リーディング大学院特任教授
17:20-18:00   ディスカッション タイム
18:30-19:30   次回の発表者に関して
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7−48−11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
          向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
      FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
**************************************************
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
*************************************************
 
 

 
posted by: hiroishikawa4 | 第44回戦略的人材マネジメント研究会 | 16:17 | - | - | - | - |