Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第46回戦略的人材マネジメント研究会 及び 第1回SHRMコンピテンシー研究部会合同部会 開催案内 SHRM2015コンファレンスと今後の活動に関して
JUGEMテーマ:ビジネス
戦略的人材マネジメント研究会会員の皆さん
 
 漸く、SHRMから、Conference on demand for SHRM2015の連絡が届き
ましたが、これを待ち続けた方も多いかと思います。
 しかし、よく見てみると、今年の基調講演者は、含まれてないので、がっかり
した方も多いのではありませんか。でも諦めるのは早いと言えます。
 例えば、YouTubeのサイトで、Marcus Buckinghamを検索すると沢山の
映像が出てきます。短いものもあるし、一時間ものもあります。
 また、彼の会社のサイトを見ると、何と、今回の講演と殆ど同じ内容の
Webinarを無料で閲覧できます。こちらをご覧ください。

 これらの情報を参考にすれば、SHRM2015コンファレンスでの最新人材マネジ
メントの動向に関する報告書を作成することもでき、皆さんの会社で今後導入
計画を検討する貴重な情報になります。
 基調講演をしている人は、著名な人が多く、自らのサイトを持っていたり、
YouTube、リンクトイン等で、自分のサイトを持ってますので、そこを中心に
情報発信をしているのです。
 皆さんも、YouTube、リンクトイン他で概要版を見てから、発表者のサイトも
見る習慣をつければ、相当多くの価値ある情報を得ることができます。
 それでも見つからない時には、SHRM conference でのセッション タイトル名
と、発表者名で、グーグル複数同時検索すると、多くの情報を得られます。
 色々な雑誌やサイトでの記事にも、同時に発表している人が、多いからです。
 折角、米国まで行って、費用と時間をかけて、体験した内容を、もう少し、
じっくり検討する習慣をつけるのと、しないのでは、費用対効果にも大きな
違いが出てきます。皆さんも、是非試して見てください。
 
 さて、SHRM2015 conferenceでも最大のトピックスのSHRMコンピテンシー
ですが、5−6のセッションに分けて、多くのSHRM関係者がそれぞれの視点で、
その重要性を訴えていました。これだけ熱心だと、全く知らないで帰る人は、
いないのではないでしょうか。
 そこで、SHRM2015コンファレンスでも注目を集めた「SHRMコンピテンシー」
ですが、これを聞いて、すぐに理解できた人は少ないと思います。
 そこで、JSHRM内に「SHRMコンピテンシー研究部会」という自主運営研究会
新設して、この理解を深める研究活動を日本でも始めることを、JSHRM常任役員会
に提案し、既に承認されました。
 従い、8月盆休み明け頃から、JSHRMサイトでもSHRMコンピテンシー研究
部会委員募集を開始します。第1次募集では、9月末で締切りますので、興味を
お持ちの方は、早めに申し込みください。
(一次募集は、10名程度の限定数の募集になります)
 関係資料は、こちらからも閲覧できますので、ご覧ください。
 
 その関係で、10月10日予定の戦略的人材マネジメント研究会の前の14:
00から15:00に、SHRMコンピテンシー研究部会の概要説明を行い、報告会
修了後の18:00から、SHRMコンピテンシー研究部会の役割分担、チーム割、
活動日程等を決定する予定です。
 SHRMコンピテンシー研究部会への参加希望者の方は、SHRM2015視察報告会
を含めて、参加して頂き、18:00からは、チーム割、役割分担セッションに
参加ください。
 今回は、2つの研究会部会を同時開催しますが、参加費用は、一回分だけ
徴収させて頂きます。
 戦略的人材マネジメント研究会会員の方で、SHRMコンピテンシー研究部会へ
の参加を検討されている方も、14:00から参加されて、様子を見て頂く
ことも可能です。10月以降、2次募集も予定しております。
 本研究部会は、熱心に参加される方を中心に、テーマ毎のリーダーを決めて、
進めることになりますので、特に興味あるテーマを登録して、チーム毎に準備
を進めて頂くことになります。
 参加の皆さんには、事前学習で理解できなかった点も含めて、積極的に自分
の意見を述べて頂きます。
 尚、SHRMコンピテンシー研究部会で使用する学習資料は、下記サイトから、
各自別途購入ください。この教材購入者は、オンラインでの模擬試験で、事前
演習が可能になります。 こちらをご覧ください。
 
 SHRMの会員になられると、購入価格もお安くなり、SHRM SCP認定にも会員
価格が適用されます。この機会にSHRM会員になることをお勧めします。
 尚、米国SHRMと、JSHRMは、全く別の団体であり、それぞれ別々の年会費が
必要になります。
 現在、SHRM CP/SCP HRプロ認定は、世界でもっと価値あるHRプロ認定と
言われています。6月現在、50,000名ですが、SHRMコンピテンシーに関する
オンライン・テストにより、従来のHRCI認定からの切り替えが、期限付きで、
可能になっており、2015年末までに、約100,000名程度になると言われています。
 これからは、グローバル・ビジネスに従事するHRプロには、重要な認定と
なりますので、早めに取得することで、グローバル ビジネスでの皆さんの
存在感は、飛躍的に増すことになります。
 従来の戦略的人材マネジメント研究会同様、SHRMコンピテンシー研究部会
への参加もお待ちしております。
 
第46回戦略的人材マネジメント研究会 及び 第1回SHRMコンピテンシー研究部会
合同部会:SHRM2015コンファレンス報告会と今後の進め方
「SHRM2015コンファレンスから、何を学び、今後、どう役立てるのか?」
 ==================================================
開催日時:2015年10月10日(土)14:00−19:00 
 
14:00-15:00   SHRMコンピテンシー研究部会 概要説明
15:00-15:30  初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:30 「SHRMコンピテンシー(最高業績者の行動特性)の投入で、
      SHRMは何を目指し、従来のHRプロは、どう変わるのか?」
      「日本のグローバル企業、生き残りのために、残された道とは?」
  報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:40-17:10 「SHRM2015から学ぶ、これからの日本の人材マネジメントを考える
  報告者:株式会社田代コンサルティング 代表取締役 田代 英治
17:10-17:50   ディスカッション タイム
17:50-18:00   次回の発表者に関して
18:00-19:00   SHRMコンピテンシー研究部会、役割分担、チームづくり、
       活動日程の決定
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7−48−11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
          向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
      FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
**************************************************
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
*************************************************
 
 
 
posted by: hiroishikawa4 | 第46回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 | 11:27 | - | - | - | - |