Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 SHRM2016コンファレンス 事前勉強会
 戦略的人材マネジメント研究会の皆様
JUGEMテーマ:ビジネス
 HRプロの世界最大の祭典、人材マネジメント協会SHRM2016コンファ
レンスも、あと2ヶ月になりました。
 今年は、6月19−22日まで、ワシントンDCで開催されます。
 例年約2万人のHRプロが集結して、人材マネジメントの諸問題に関して、
熱い議論が繰り広げられます。
 今年のテーマは、沢山ありますが、その一つが、「世代の格差」です。
 米国大統領選挙の最大の争点は、「収入の格差問題」ですが、SHRMでは、
世代の行動スタイルの違い、価値観の違い等にどう対応するべきかが、大きな
テーマの一つになります。
 ミレニアル世代(20歳代の若者)へのスマホの普及率94%%以上と言われて
おり、食事中も、電車の中でも、スマホを離せない、席の近くにいても、
メールやラインでやりとりして、直接話そうとしない若者が増えています。
 日本の若者も同じ傾向があり、メールで親しいひとだけやりとりしますが、
例え、折角となりに座っていてもメールでのやり取りを好みます。
 これが生じて、例え、近くにいても、互いに挨拶しないこともありませんか?
 固定席がない企業では、あたかも電車の中で、挨拶もせず、空いている席に
座る習慣の人が現れます。
 また、折角、入社したての新入社員が大きな声で挨拶しても、近くに座っている
人が、最初にキチンと挨拶しないと、どっちみち返事をしてくれないと思い、
互いに言葉をかける機会も少なくなります。
 欧米企業では、従来行っていたランクづけ評価をやめ、スマホを使ったフィー
バック アプリを活用して、チーム内でのコミュニケーションを促す運動
普及しています。
  もし、これらのアプリを使っても、上司仲間から何も反応がないと、自分の考え
は、了解されたのと理解してそのまま進めてしまっていることはありませんか? 
 フィードバック アプリが使い易いと議論が活発に進み、コミュケーションが進み
ますが、これについていけないマネジャーも相当います。
 スマホを使っていると、「サボっているのか?」、と一方的に決め付ける上司も
従来はいましたが、これを業務に活用する時代になると、「ミレニアル世代と、
とても付き合っていけないし、その時間もない」と気づきはじめ、この時代の
流れには、「とてもついて行けない」と感じるマネジャーや経営幹部は、若手を
育てるのを諦めた人も増えます。
 新しい時代の流れにそって、従来、PCやタブレット ベースであったタレント
マネジメントのソフトもスマートホン ベースに切り替える動きがあります。
 その一例が、独立系のタレントマネジメントソフトを販売するサムトータル
です。
 5月11日のHRサミットでは、Self developing organizationと称して、
自己成長を促すタレント マメネジメントを発表しました。
 ミレニアル世代に受け入れられ易いシステムにするため、PCベースから、スマフォ
ベースへの移行を推進しています。従来のPCやタブレットベースのシステムを
Saasベースに移行した単純なものではなく、ミレニアム世代に受け入れられるシス
テムに全面的な改訂行ったとのこと。
 シリコンバレーには、ミレニアル対応のソフト開発を得意とする若者を中心にした
ベンチャ企業が沢山あり、彼らの力を借りて、全面的な改訂を行ったものです。
 また、基幹システムとして、オラクルSAPとのインタフェースも可能にし、必要
な部分だけをお使い頂けるシステムにしています。
 これがこれからのHRソフトの潮流とも言えます。この流れとしてHRの「デジタル
」が今後一層進みます。
 「PC面倒で使えない」が、「スマホは、器用に使いこなす」のが、ミレニアル
世代です。
 皆さんの職場でも、若者に使われる業務の効率化に役立つフィードバック
アプリを導入して、効率改善、業績アップを実現しませんか?
 
 次回の戦略的人材マネジメント研究会では、従来のSHRMコンファレンスの動向
人材マネジメントの潮流2016版を考えながら、今年の見所を探ります。
 更には、最新の「HRのデジタル化」の流れ、インドでのソフトウエア開発の進展、
マレーシア生まれの若者にも大好評のパフォーマンス ツールKPIソフトをご紹介し
ます。
 当然、SHRM2016コンファレンスで注目されるのは、どんな動きなのかもお知らせ
します。

  PCは面倒だが、スマホは、器用に使いこなすのが、ミレニアル世代です。 

 でも、「これの何が問題なのか?」と感じるでしょう。

 ミレニアル世代がどうのという議論ではなく、それ以前の世代とのギャップが

ありながら、従来の既成概念評価システムが変わらず、古い価値観もそのまま

であって良いのかという議論になります。

 

 近い将来、多くの職場では、ミレニアル世代が大勢になるわけですが、その時

まで、この何も変えないでよいのかミレニアル世代になったら、彼らの好きな

ように変えてもらえば良いと考えて良いのか?、そうすると過去の蓄積、教訓が

生かされない状況になりかねません。

 SHRM2016コンファレンスで話されることは、「これらのギャップを埋めるために

必要な努力と何が必要なのか」、或いは、「ミレニアル世代と現世代のスムース

橋渡しが可能な効果的な手法はないのか」です。
 従来のPCやタブレットベースの情報システムを、スマホ対応にするには、大幅な
ソフトの変更が必要になります。
 費用がかかりすぎると言って、後回しにすると、ミレニアル世代には、馴染み

にくい職場環境になり、若手の優秀な人財の流出につながります。

 従来のランクづけ人事評価では、不満がたまりますので、これまで以上に、上長
やメンターからの効果的なフィードバックが求められますが、これを実現するには、
スマホベースの情報環境に早めに転換する必要があります。
 これをどう実現するかが今後の重要な課題になります。

 

 次回の研究会は、事前勉強会ではありますが、「世界最大の人材マネジメントの

祭典にどのような心構えで望めば良いのか」を念頭に、コンファレンスでどんな

議論があるのかだけではなく、皆さんがお持ちの課題をどう改善、改革

するための実践的な改善手法を見出すヒントを提供します。

 尚、具体的な議論は、帰国報告会にて、じっくりと議論する予定です。
 SHRM2016コンファレンスに参加する方、最新動向を知りたい方も是非参加
ください。多くの方の参加をお待ちしております。
 
第49回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2016コンファレンス事前勉強会
「最新型のパフォーマンス・マネジメントの実践法を学ぼう」

============================================================
開催日時:2016年6月11日(土)15:00ー18:00 
 
15:00-15:30  戦略的人材マネジメント研究会:初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20   SHRM2016コンファレンス ここが見所、キーポイントとは?
             ーミレニアル世代対応のHRソフトの動向と今後の進展
      報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 アジア人の発想で、日本にもフィットしたパフォーマンス・
      マネジメント
      ー個人の成長と業績の改善をわかりやすく示すKPISOFTの可能性ー
           報告者:KPISOFT株式会社 代表取締役 高橋 克典 氏
17:10-17:50   ディスカッション タイム
17:50-18:00   次回の発表者に関して
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
     自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで、八幡中学前で下車、
     徒歩2分です。
        向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
    FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
******************************************************
日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
******************************************************
posted by: hiroishikawa4 | 第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 | 10:58 | - | - | - | - |