Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今週、6月11日は、第49回戦略的人材マネジメント研究会があります。 今回は、SHRM2016コンファレンス 事前勉強会ですので、是非参加下さい。
戦略的人材マネジメント研究会の皆様
 
 米国大統領選挙の各党の代表は、決まったものの、現在の有権者たちは、
安定感のあるEstablishmentより、トランプ、サンダース候補のような
型破りで、破壊的な力が期待できるDisruptive leaderを期待しているのが
現代の世相です。
 HR Professionalの世界でも同じで、体制べったりで、既得権にこだわり、
金まみれのタイプは、毛嫌いされ、従来のやり方を根本から変えてくれそうな
頼もしいHRプロの登場を期待しています。
 いくら元気なCEOが来て、トップダウンで何かをやらせるより、HRプロという
信頼できる腹心がいて、必ず出てくる抵抗勢力の意識改革をスムースに進めら
れる仕組みづくりと職場環境づくりが期待されているのです。
 そういう意味で、HRプロの重要性が更に高まっています。
 人事総務やHRプロ関係者の世界最大の祭典SHRM2016コンファレンスは、
6月19-22日に米国ワシントンDCにて開催されます。例年、約20000名
の参加者が集い、互いの主張を発表し、議論をする中で、今後の方向性が明確
になっていきます。
 従来型の政治家やエスタブリッシュメントの一部としての大統領には、相当
大きな抵抗感があるのと同様に、企業内でもトップダウンしかできないCEOには、
同様の不満が溜まっているもので、競合の厳しい市場変化に応じた将来を目指
した戦力計画の実現を支える仕組みづくりとスムースな意識改革を進めてくれる、
HRプロの技量に期待する気持ちが高まっています。
 従来型のHRプロの認定資格として、SPHR,GPHRというHRプロ認定があり、
ある程度の知識レベルのHRプロを認定してきましたが、当社の期待が高かった
こともあり、期待した程の実績が出てこなかったのです。
 そこで、現在のSHRM CP/SCP HRプロ認定では、これからのあるべき姿に、
明確な方向性やビジョン、そしてのその効果的な手法をもち、それを率先して
実行する意欲ある人財を、コンピテンシーの高い人財として、HRプロに認定する
方針に転換したのです。
 2015年から始まった、このSHRM CP/SCP HRプロ認定者は、昨年6月現在
では、約5万名でしたが、2016年には、10万人の大台を超える飛躍的増加が見込
まれています。
 しかし、米国以外の地域では、この動きは、非常にスローなのが、現実です。
 アジア地域の方も、本場の熱気を感じながら、皆さんも欧米企業の仲間に遅れ
をとることなく、同じ土俵で考え、積極的に実践する新世代のHRプロの登場が
待たれています
 そのさきがけとなるべく、4−5名の我らSHRMコンピテンシー研究会の仲間が、
7月のSHRM CP/SCP認定に挑戦する予定です。
 是非、頑張って頂きたいと思います。
 
 さて、今月開催予定のSHRM2016コンファレンスに関する事前勉強会を6月11
(土)に開催の予定です。
 まず、これからのあるべき姿やそれを実現するための意識改革の重要性を理解し、
推進役の中心として、なぜHRプロが期待されているのか、それは一体どんな方向
なのか、従来のやり方をどう変革する必要があるのか、それはどうすれば、実現
できるのかを考えたいと思います。
 これからは、HRプロがいて、色々と協力してくれたから、スムースに進んだと
感謝される存在になって欲しいものです。
 これは、「意識改革のエバンジェリスト」としての存在でもあります。
 どこの企業でも、人事総務の主要業務での、最大の課題は、どうも従来の
パフォーマンス レビュの進め方だと言われ、これを抜本的に変革する必要が
あります。
 これが、優秀社員の定着と業績への貢献に大きく貢献するからです。
 これから成長段階にある社員、契約社員、パート、等に対する各種の効果的な
モチベーション手法の使い分け、既成品のソフトの導入では、ミレニアル世代や
中間管理職からの指示が得られないので、これにどう対処すべきなのか等、色々
な課題を整理して、欧米企業での進捗状況をSHRM2016コンファレンスの動向を
参考に、そうすべきかを考えたいと思います。
 そのヒントになるべき、多くの基礎知識や最新動向をまとめましたので、
次回の6月11日の戦略的人材マネジメント研究会で、報告させて頂きます。
 更には、最新のパフォーマンス マネジメントソフトの事例として、アジア育ち
のKPIソフトを紹介させて頂きます。
 SHRM2016コンファレンスからの帰国後には、視察報告会を通して、今後進むべき
方向を考える機会を9月末頃に予定しております。
 
 SHRM2016コンファレンスに参加する方、または、最新動向を知りたい方も是非
参加ください。 多くの方の参加をお待ちしております。
 常連の方で、参加可否の連絡されてない方は、必ず連絡お待ちしております。
 
第49回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2016コンファレンス 事前勉強会
最新型のパフォーマンス・マネジメントの実践法を学ぼう
===============================================================
開催日時:2016年6月11日(土)15:00ー18:00 
 
15:00-15:30  戦略的人材マネジメント研究会:初参加の方のみ、自己紹介
15:30-16:20   SHRM2016コンファレンス ここが見所、キーポイントとは?
             ーミレニアル世代対応のHRソフトの動向と今後のHRMの進展
      報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋
16:30-17:10 アジア人の発想で、日本にもフィットしたパフォーマンス・
      マネジメント
      ー個人の成長と業績の改善をわかりやすく示すKPISOFTの可能性
           報告者:KPISOFT株式会社 代表取締役 高橋 克典 氏
17:10-17:50   ディスカッション タイム
17:50-18:00   次回の発表者に関して
 
会    場: 螢好沺璽肇咼献腑麕楴辧2階セミナー会場
会場住所:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7ー48ー11
アクセス:東急東横線、大井町線、自由が丘駅 徒歩10分 
     東急大井町線 九品仏駅 徒歩7分 世田谷区立八幡中学正門前
     自由が丘駅から、駒沢公園行き東急コーチで、八幡中学前で下車、
     徒歩2分です。
        向かって右側の会社玄関のインターフォンを使って、呼び出しください。
     緊急時には、こちらにTEL:03-6432-2985
     http://www.mapion.co.jp/address/13112/8:7:48:9/
 
会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、
   参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 
    FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。
******************************************************
日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員
戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人
アジア生産性機構APO チーフ・エキスパート
国際メンタリング&コーチングセンター 代表
株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋
電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931
会社サイト:http://www.smartvision.co.jp
研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com
******************************************************
 
posted by: hiroishikawa4 | 第49回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 | 17:52 | - | - | - | - |