Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
第52回戦略的人材マネジメント研究会開催案内 世界の人事の流れを早めに捉えて、優秀人材が集まる先進企業になろう!

JUGEMテーマ:ビジネス

 戦略的人材マネジメント研究会の皆様

 

 欧米先進企業でも、優秀人財をみつけて、定着させるのに、大変苦労しています。

優秀な学生ほど、良い大学を卒業していますので、奨学金の返済に苦労しているの

が実情です。そこで、この返済を支援する企業が増えています。

 優秀な人財には、単純に初任給を上げるより、より効果が高いと言われます。

 また、サービス産業では、タクシーの自動配車サービスUber (Uberization

呼ばれる)と同様な仕組みを導入して、効率化を図る企業もあります。

 これは、結構高い専門性が要求されるので、質の高いサービスを効率的に

得られると好評です。これは、日米共に、有望なサービスになりましょう。

 ミレニアル世代に効果的なベネフィットとして、単純な医療費補助から、

Wellbeingであり、Sustainable performanceに力点がおかれる傾向があり、教育も

含めた多様な形態に変容することになります。

 オバマケアの廃止が進むと、この流れが加速することになりましょう。

 

  それと、今年のSHRMコンファレンスで注目されているのが、Personal Branding

です。

  従来は、キャリア デベロップメントと言われていましたが、これをさらに

進めたもので、例えば、信頼される人事になるだけでなく、女性幹部として認めら

れるにはどうすれば良いのかであり、他の人との差別化をつけるには、どんな工夫

が必要なのかです。

 また、従来の知識中心の「資格」とか、「認定」から脱して、これからは、より

戦略的手法を駆使して、より効果的、挑戦的に進めようとしている人財に、より

多くの挑戦の機会が与えられる様になります。その実現には、「振る舞い方」が

重要になり、如何に他の人に「影響力」を行使できるかになります。そのために、

必要なより実践的なノウハウが求められますので、これらに関するセッションが増加

しました。

 これからのマネジャーは、部下のランクづけをすることにより、存在感を増す

より、「権威」を使わずに、より効果的に「気づき」を与える、効果的フィード

バックコーチングが必要になります。これも時代の流れに沿った内容になります。

 

 6月12日(月)予定のSHRM2017コンファレンス事前勉強会では、これらの日本の

人事総務の方が、知っておくと得するトレンドを中心に、何がホットなのか、

何が変わりつつあるのかを中心に振り返ります。

 

 その大きな流れは、「ミレニアル世代のやる気を引き出せるか?」であり、その

現には、どんな意識改革を進めるべきか、その中心人物は、当然ミレニアル世代の

たちです。そういう人たちが喜ぶ人材マネジメントの仕組みを早めに導入すること

で、職場や組織全体の意識は、大きく変わります。

 最新のデジタル  デバイスを活用した効果的に活用する人材を一層有効に活用する

ため、人の動きや心理を科学的に分析して、より合理的な判断に役立てるPeople

 analytics手法が必要になります。

 6月18−21日から、米国ニューオルリンズにて開催される世界最大の人材マネ

ジメント関係者のネットワーク組織、人材マネジメント協会SHRM(会員約30万

名)の年次コンファレンスでは、グーグルの元SVP of People Operations,

Mr. Laszlo Bockの基調講演が予定され、その他数名のPeople analytics専門家

の講演が行なわれます。

  SHRMコンファレンスでは、Human Resource manager/Talent manager

更には、社内のHRプロを主な対象として、毎年15,000名以上が集結します。

  SHRM年次総会は、これらの人材マネジメントの中核となるHRプロが結集

する世界最大で、最も影響力のある国際コンファレンスと言えます。

  従い、これらの方に必須な実践的で、役立つ内容が多く見られます。

 

  次回6月12日の戦略的人材マネジメント研究会では、2017 Global Human

  Capital Trendsにも掲載された今年のグローバル人財マネジメントの流れを、

まず振り返り、その理解のもとに、SHRM2017コンファレンスの見どころを探り、

何が期待できるのかのヒントを提供します。

 もし、皆さん現在の業務での課題が明確にお持ちであれば、より沢山のヒント

を得られることでしょう。

 

  今年のSHRMコンファレンスに参加される予定の方、これから会社内で何か

意識改革を進めたいが、何から始めたら良いかを知りたい方には、参考になる

情報が沢山含まれています。

 

  さて、欧米企業では、これらの人材マネジメントの各種の意識改革プロジェクト

は、HRプロが中心に進めることになりますが、その核となるべき挑戦的な人材を

認定するSHRM CP/SCP HRプロ認定が進み、すでに米国には、10万名のHRプロ

誕生しました。

 日本では、まだ一名しかいないこともあり、JSHRMの自主運営研究会SHRM

コンピテンシー研究会では、最新の人材マネジメントの動向を学び、SHRM CP/SCP

HRプロの養成を進めています。

 人材マネジメントの基本をキチンと理解するため、その基礎用語やショート

ケースによる意識改革の取組方の基本原則をわかりやすく学ぶ絶好の機会に

なります。

 皆さんの人材マネジメント関連の基礎学習の理解に役立ててください。

 なお、6月12日(月)のSHRM2017コンファレンス事前勉強会は、

 19:00から渋谷の日本生産性本部にて、SHRMコンピテンシー研究会は、

6月10日(土)15:00から、株式会社スマートビジョンの自由が丘本社

(自由が丘駅徒歩10分)セミナールームにて行います。

 

  なお、戦略的人材マネジメント研究会の過去の活動概要は、下記のブログから

もご覧になれます。

  http://workshop.lpfrontline.com

 また、SHRMコンピテンシー研究会のブログは、下記ですので、ご覧ください。

   http://shrmcompetency.lpfrontline.com

 

  これら2つの研究会は、会社の意識改革を強力に進めたい方には、大変役立つ

内容です。

  気楽に参加すると、これからやるべき多くのことに気づくことでしょう。

  大勢の方の参加を、お待ちしています。

 

第52回戦略的人材マネジメント研究会 SHRM2017コンファレンス 事前勉強会

SHRM2017コンファレンス、ここが見どころ、キーポイントとは?

========================================================================

開催日時:2017年6月12日(月)19:00ー22:00 

 

19:00-19:30  戦略的人材マネジメント研究会:初参加の方のみ、自己紹介

19:30-20:30   グローバル・キュピタル・マネジメントの10の最新動向

    最新のSHRMコンピテンシーから見た人材マネジメントの課題とその行方

        報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋

20:40-21:30    SHRM2017コンファレンス ここが見所、キーポイントとは?

    報告者:戦略的人材マネジメント研究会、代表世話人 石川 洋

21:30-22:00   ディスカッション

 

会    場:日本生産性本部(渋谷)一階14会議室 

会場住所:東京都渋谷区渋谷3−1−1

 

会費: JSHRM会員 1,000円 非会員:2,000円、

    参加ご希望の方は、E-mail: hiro-i@smartvision.co.jp 

       FAX 03-5858-6931まで連絡下さい。

******************************************************

日本人材マネジメント協会JSHRM 執行役員

SHRMコンピテンシー研究会 代表世話人

戦略的人材マネジメント研究会 代表世話人

戦略的人財マネジメントセンター 代表

株式会社スマートビジョン 代表取締役  石 川  洋

電話:03-5858-6930, Fax: 03-5858-6931

会社サイト:http://www.smartvision.co.jp

研究会ブログ:http://workshop.lpfrontline.com

******************************************************

 

posted by: hiroishikawa4 | 第52回戦略的人材マネジメント研究会 | 10:00 | - | - | - | - |